草魚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 淡水魚 > 草魚の意味・解説 

くさ うお -うを [2] 【草魚】

カサゴ目海魚全長50センチメートル達する。体形細長く側扁する。頭はやや大きく背びれ・尻びれは尾びれ連なり胸びれは幅が広く、腹びれは吸盤状。体色は淡灰色で、暗青色斑が散在する。皮膚ぶよぶよして、食用にしない。本州以北沿岸海底分布。カンテンウオ。 〔ソウギョ別の

そう ぎょ さう- [1] 【草魚】

コイ目淡水魚全長1メートル超えるコイ似ている口ひげがない。東アジア原産植物性の餌()を好む。食用戦前中国より移入され、利根川水系繁殖。ツァオユイ。

草魚

読み方:クサウオ(kusauo)

クサウオ科海水魚

学名 Liparis tanakae


草魚

読み方:ソウギョ(sougyo)

コイ科淡水魚

学名 Ctenopharyngodon idella


ソウギョ

(草魚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/27 21:53 UTC 版)

ソウギョ(草魚、Ctenopharyngodon idellus)はコイ目コイ科クセノキプリス亜科に属する中国原産の淡水魚。日本では水草を食害する事で知られていて環境省要注意外来生物に指定している。


  1. ^ a b 農業部漁業局編、『2011 中国漁業年鑒』p188、2011年、北京・中国農業出版社、ISBN 978-7-109-16084-2
  2. ^ a b c 埼玉県水産試験場 土屋 実 : ソウギョの生態およびソウギョによる水性雑草防除の展望 雑草研究 Vol.22 (1977) No.1 P1-8
  3. ^ 橋本徳蔵:ソウギョおよびレンギョの稚魚の天然餌料 水産増殖 Vol.9 (1961-1962) No.2 P61-66
  4. ^ ソウギョ類のフ化装置と活卵率の経時的変化 埼玉県水産試験場研究報告 41号, p.18-28(1982-03)
  5. ^ ソウギョの人工採苗について 埼玉県水産試験場研究報告 42号, p.17-28(1983-03)
  6. ^ 京都府外来生物データ(ソウギョ):京都府 外来生物情報
  7. ^ a b 遊佐暁、Gaston Guido San Cristobal、鄭紫来 (2017). “野尻湖における外来魚の受容過程と資源利用” (PDF). 地域研究年報 (筑波大学人文地理学・地誌学研究会) 39: 113–124. ISSN 1880-0254. http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~chicho/nenpo/39/06.pdf 2018年9月16日閲覧。. 
  8. ^ 野尻湖・近鉄前水草復元区にソウギョ侵入 野尻湖水草復元研究会
  9. ^ 木崎湖における車軸藻類の分布(2001~2002) 長野県環境保全研究所研究報告 (1), 29-37, 2005
  10. ^ 中国綜合養魚の生態・生理学的研究-I 好気的実験条件下におけるソウギョの糞の分解過程 陸水学雑誌 Vol.53 (1992) No.4 P341-354


「ソウギョ」の続きの解説一覧



草魚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「草魚」の関連用語

草魚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



草魚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソウギョ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS