トガサワラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > トガサワラの意味・解説 

栂椹

読み方:トガサワラ(togasawara)

マツ科常緑針葉樹


トガサワラ


日本針葉樹のなかでは、分布が限られ、蓄積少なくどちらかといえば、珍しいものといえます。本州中部三重県奈良県和歌山県)、四国高知県)などの一部分布しています。木材になったものを知っている方は非常に少ないのではないでしょうか。ところが、現在北米から大量輸入されているベイマツ呼ばれている木材は同じ属のP. menziesiiからのもので、木材はトガサワラのそれとよく似ていて、区別付ける事はまず出来ないでしょう。その意味で、覚えていて頂きたい木材といえます。一方で、このことは、ベイマツ米国産のマツ類でなくて日本流に言えばアメリカトガサワラというべきであるという考えもでてきます。

木材
心材辺材境界は、はっきりとみえ、前者淡紅褐色で、後者黄白色です。早材から晩材への移行は急なため、年輪ははっきりとわかります。したがって肌目が粗い木材です。木理一般に通直です。気乾比重は0.4-0.49(平均値)-0.59です。
其の他種々の性質上述ベイマツのそれによく似ています。

用途
産地では建築材器具材などに使われています。しかし、それ以外の地域ではほとんど知られていないでしょう。もしも、大量にあるようでしたら、ベイマツと同じように市場に出回ったことでしょう


栂椹

読み方:トガサワラ(togasawara)

マツ科常緑針葉樹


トガサワラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/05 08:56 UTC 版)

トガサワラ(栂椹、学名Pseudotsuga japonica)は、マツ科トガサワラ属常緑樹である。ツガに似た針葉樹で、南日本の一部のみに分布する日本固有種[1]である。


  1. ^ a b c d e Katsuki, T., Luscombe, D & Farjon, A. 2013. Pseudotsuga japonica. The IUCN Red List of Threatened Species 2013: e.T31291A2803646. doi:10.2305/IUCN.UK.2013-1.RLTS.T31291A2803646.en, Downloaded on 17 December 2016.
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - トガサワラ(2011年9月21日閲覧)
  3. ^ a b 清水建美 (1997) トガサワラ 『朝日百科 植物の世界 第11巻』 246 - 247, 朝日新聞社.
  4. ^ 月刊朝日新聞世界の植物、通巻106巻、p.2058
  5. ^ 哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物I及び植物IIのレッドリストの見直しについて
  6. ^ 和歌山県レッドデータブック (2000)、p.323


「トガサワラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トガサワラ」の関連用語

トガサワラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トガサワラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトガサワラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS