お子様ランチとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 料理 > 盛り合わせ料理 > お子様ランチの意味・解説 

お子様ランチ

読み方:おこさまランチ
別表記:お子さまランチ

ファミレスなどで低年齢児童対象に提供されている料理セット呼び名ケチャップライスハンバーグエビフライなどの子供に人気のある料理少量ずつ盛られている。新幹線飛行機などの趣向を凝らした容器が用いられることもある。多く場合大人注文受け付けない。

お子様ランチ

作者吉田靖

収載図書つばめが巣立つ日
出版社新風舎
刊行年月2005.9


お子様ランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 02:51 UTC 版)

お子様ランチ(おこさまランチ、Child's Meal[1])とは、レストランやデパートの食堂などで子供[2]向けに提供されるメニューのことである。量や嗜好、見た目が子供向けに重視される事が多い。発祥は昭和初期の日本。


  1. ^ プログレッシブ和英辞典
  2. ^ 続け柄という意味の子供ではなく、幼い者という意味である。
  3. ^ a b 菊地武顕「あのメニューが生まれた店」62頁 平凡社
  4. ^ 公共交通機関でも中学生からは大人料金適用で、これに準じたと思われる
  5. ^ お子様ランチ儲けすぎてはいけませよ~ 株式会社 DWC 2012年3月17日
  6. ^ カフェ&レストラン ランドマーク三越
  7. ^ 三越の広報サイト
  8. ^ a b c d お子様ランチ~誕生は上野松坂屋!?上野が、すき。 2015年4月24日
  9. ^ 読売新聞 2013年10月29日 夕刊15面広告
  10. ^ 松坂屋ヒストリア
  11. ^ 「お子様ランチ」発祥の松坂屋で“大人の”お子様ランチ!松坂屋上野店開業250周年記念フェアPRTIMES 2018年3月20日
  12. ^ 「お子さまランチ」が消える? ある経済指標から外れる理由”. プレジデントオンライン (2015年9月17日). 2017年2月16日閲覧。
  13. ^ NHKニュース (2015年7月17日). “消費者物価指数5年ぶりに基準改定”. 日本放送協会. オリジナルの2015年7月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150720012243/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150717/k10010156621000.html 2017年2月16日閲覧。 
  14. ^ [|総務省統計局] (2015-11-27) (PDF). 消費者物価指数2015年基準改定計画 (Report). 総務省. p. 4. http://www.stat.go.jp/data/cpi/2015/plan/pdf/2015plan.pdf 2017年2月16日閲覧. "<廃止品目の選定基準> 以下の①~③の基準のいずれかに該当する場合であって、かつ、中分類の代表性を 損なうと判断されない場合に廃止品目とする。① 消費構造の変化などに伴い、家計消費支出上重要度が低くなった品目 ② その品目がなくても、中分類指数の精度が確保できる品目 ③ 円滑な価格取集が困難となった又は価格変化を的確に把握できなくなった品目" 
  15. ^ GD Freak (2016年1月30日). “グラフ 年次 消費者物価指数_食料_外食_一般外食(その2) お子様ランチ(指数)”. GDフリーク株式会社. 2017年2月11日閲覧。


「お子様ランチ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お子様ランチ」の関連用語

お子様ランチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



お子様ランチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお子様ランチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS