銀世界とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 銀世界の意味・解説 

ぎん‐せかい【銀世界】


オプンティア・レウコトリカ (銀世界)

Opuntia leucotricha

Opuntia leucotricha

Opuntia leucotricha

Opuntia leucotricha

メキシコ中部高地分布しています。サボテンで、分枝繰り返し大きな樹冠つくります。高さは3~5メートルです。茎節は長楕円形から円形で、白色の毛に被われます。花は黄色く、直径4~5センチです。和名では「銀世界(ぎんせかい)」と呼ばれます。
サボテン科オプンティア属団扇サボテンで、学名Opuntia leucotricha。英名は Duraznillo blanco、Nopal blanco

銀世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/28 04:20 UTC 版)

銀世界(ぎんせかい)




「銀世界」の続きの解説一覧



銀世界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀世界」の関連用語

銀世界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀世界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀世界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS