アパーチャーグリルとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > AV機器用語 > アパーチャーグリルの意味・解説 

アパーチャーグリル

トリニトロンブラウン管が採用している色選別機構。縦ストライプ状の蛍光面を生かすために、上下に切れ目のないスリット形状としている。ドーミング、モアレ(干渉縞ノイズ)といったトラブルも発生しない。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


アパーチャグリル

別名:アパーチャーグリル,アパチャーグリル
【英】aperture grill

アパーチャグリルとは、CRTディスプレイ一種であるトリニトロン管採用された、電子ビームRGBの各色で表示するための機構ストライプ状にした技術のことである。ソニー開発した。

CRTディスプレイ代表的方式であるシャドウマスク方式では、マスク機構は無数の穴があいた状態になっており、電子ビームドット状で透過する。アパーチャグリルはシャドーマスク比べてより多く電子ビーム透過させることができるため、より明る鮮明画面表示実現することが可能となる。

アパーチャグリルはソニートリニトロン管、および三菱電機ダイヤモンドトロン管で採用された。なお、アパーチャグリルやシャドーマスクの他にスロットマスク呼ばれる方式もある。


アパーチャーグリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/18 03:13 UTC 版)

アパーチャーグリル(アパーチャグリルとも)はCRTディスプレイの技術の一つで、電子ビームRGBすなわち赤、緑、青の各色をすだれ状に表示するものを指す。他のCRTディスプレイの技術にシャドーマスクスロットマスクがある。




「アパーチャーグリル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アパーチャーグリル」の関連用語

アパーチャーグリルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アパーチャーグリルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2019 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアパーチャグリルの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアパーチャーグリル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS