上意下達とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 上意下達の意味・解説 

上意下達

読み方:じょういかたつ

上意下達とは、上意下達の意味

上意下達とは、組織の上長や上層部部下などの下の者へ(つまり上から下へと)意向指示・命令などを伝えることである。および、もっぱらそのような上から下へ」の伝達によって運営意思決定が行われる組織のことである。「受け取側に異論を挟む余地与えことなく既定路線として)物事進める」という意味合い用いられることもある。

読み方は「じょうい-かたつであって、「-げたつ」とは読まない。「下方(かほう)へ達(たっ)する」と覚えれば間違えことはない

上意下達の語の由来・語源

上意下達は「上意下達する」という構成の語彙である。「上意」は「上の者(すなわち主君君主)の意見」を意味する語。反対に下の者下々の者の意見を「下意(かい)」という。

古代日本では中国大陸政治倣った律令制取り入れられ導入され、「符」と呼ばれる公文書によって司令下される仕組み築かれた。符はもっぱら上級官僚から直属下級官僚送付される伝令である。すなわち符は下達される上意であった

江戸幕府では、「上意といえば将軍から発せられた命令意味した老中幕府の最高職)が上意下達するために作成した文書は「奉書」と呼ばれた

上意下達の語の使い方(用法)、例文

上意下達の類義語・対義語

上意下達の類義語として、まず「トップダウン」が挙げられるトップダウンも、組織の中で上層部にいる者が下層部にいる者に命令指示を出すことで人を動かすという意味である。

なお「トップダウン」は、「上層部意思決定という意味合いとは別に、「まず全容全体像決めてから細部検討してゆく」という意味用いられることもある。

上意下達の組織を指す語としては「専制」も類義語といえる専制は、支配層が非支配層独断によって統治することである。ただし専制は、政治に関する体制を指す意味で用いられることが多く、かつネガティブな意味を込めて用いられることが多い。それに「指示を下す」という要素を含まない

ワンマン経営」は、経営者一人で組織舵取りを行う経営体制のことである。上層部意思決定しているという意味で「上意下達」と同じ文脈使われる場合がある。「指示を下す」という要素含まない

上意下達の対義語は「下意上達かいじょうたつ)」。または、トップダウン型組織に対するボトムアップ型組織」も上意下達の対義語たりえる

上意下達の英語

上意下達は英語では top-down表現できる

じょうい‐かたつ〔ジヤウイ‐〕【上意下達】

上位の者や上層部命令意向を、下に伝えること。⇔下意上達

[補説] この語の場合、「下」を「げ」とは読まない


上意下達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 00:18 UTC 版)

上意下達(じょういかたつ)とは、組織や団体において、上位・上層の命令や言辞を下位・下層へと伝えて、意思の疎通を図る方法である。トップダウン (英:top-down) ともいう。対義語は下意上達ボトムアップ)である。




「上意下達」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

上意下達のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上意下達のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上意下達 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS