令義解とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 令義解の意味・解説 

りょうのぎげ〔リヤウのギゲ〕【令義解】

養老令官撰注釈書1030編、うち2編欠。清原夏野小野篁(おののたかむら)らの撰。天長10年(833)成立翌年から施行。令の解釈公的規準示し本文準ずる規制力をもった。→養老律令


りょうのぎげ リャウのギゲ 【令義解】

養老令官撰注釈書。一〇巻三〇編、うち二編は欠けて伝わっていない額田今足(ぬかだのいまたり)の建議勅命により清原夏野菅原清公一二人の編。天長一〇年(八三三完成翌年から法に準じて施行。令の実際にあたって法解釈基準公定したもの


令義解〈神祇令第六/僧尼令第七〉


令義解〈巻第一(官位令)/〉

主名称: 令義解〈巻第一官位令)/〉
指定番号 2229
枝番 00
指定年月日 1970.05.25(昭和45.05.25)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 紙背 吉部秘訓抄巻第四
員数 1巻
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文:  令義解は養老令官撰注釈書で、本巻はその現存最古写本である。巻第一官位令位階官職規定)の全文収め巻首には本書成立過程伝える「上令義解表」等を掲げている。紙背には「吉部秘訓抄」巻第四が写されているが、料紙書風前述の「律」と同一で、本来一具として広橋家伝来したことがわかる。なお僚巻が宮内庁書陵部にあり、律巻第一断簡と令義解儀制令首部断簡収め紙背には「吉部秘訓抄」巻第五伝えている。
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  代集  令私記断簡  令義解  令義解  仮名文字遣  仮名法華経  仮名法華経

令義解

読み方:リョウノギゲ(ryounogige)

分野 法制

年代 平安前期

作者 清原夏野〔ほか撰〕


令義解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 15:02 UTC 版)

令義解』(りょうのぎげ)とは、833年天長10年)に淳和天皇の勅により右大臣清原夏野を総裁として、文章博士菅原清公ら12人によって撰集された律令の解説書。全10巻。この書物によって、大宝令養老令が伝えられている。




「令義解」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「令義解」の関連用語

令義解のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



令義解のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの令義解 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS