告身とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 告身の意味・解説 

告身

読み方:コウシン(koushin)

位階を授ける文書

別名 位記


告身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/01 17:21 UTC 版)

告身(こくしん)とは、中国において官爵を与えられた官吏に授けられた辞令・身分証明書。に入ってからは告詞(こくし)とも呼ばれた。日本における位記のルーツと言われている。


  1. ^ 実はこの説話は岡本綺堂が翻訳した事がある(『中国怪奇小説集 10 夷堅志(宋)』)が、岡本が冤罪と告身の相関関係(紛失した「告身」が冤罪に人を陥れて捏造した犯罪摘発の功績で得た新しい地位の身分証明書であったこと)を理解していなかったらしく、告身を単なる"重要文書"と翻訳してしまって話のつながりが不透明になってしまっている(小林、2013年、P35・53)。
  2. ^ 小林、2013年、P31-35


「告身」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「告身」の関連用語

告身のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



告身のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの告身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS