鈴木嘉和とは? わかりやすく解説

鈴木嘉和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/11 00:45 UTC 版)

鈴木 嘉和(すずき よしかず、1940年昭和15年〉8月21日[1] - 1992年平成4年〉11月25日失踪)は、日本ピアノ調律師実業家。本名:石塚 嘉和(いしづか よしかず)[2]、旧姓:鈴木[2]


  1. ^ a b 『官報』第2854号、大蔵省印刷局、2000年4月20日、18面。
  2. ^ a b c d e f g 大林高士「美人3姉妹が初めて明かした“風船おじさん”の素顔」『週刊現代』2012年12月26日号、p.42
  3. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、p.125
  4. ^ a b 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、p.163
  5. ^ a b c d e f 大林高士「美人3姉妹が初めて明かした“風船おじさん”の素顔」『週刊現代』2012年12月26日号、p.43
  6. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、p.167
  7. ^ a b c d e f g h i j k 『週刊新潮』1992年12月24日・31日合併号
  8. ^ a b c 「風船おじさんが遺した意外な発明品」『週刊文春』2001年1月4日・11日合併号、p.56。
  9. ^ a b c d e 「消えた『風船おじさん』の多額の負債と生命保険」『週刊新潮』1993年3月25日号、pp.70-72
  10. ^ a b c d e f g h i j 『週刊文春』1992年12月17日号
  11. ^ a b c d 『週刊朝日』1992年12月25日号
  12. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、p.119,131
  13. ^ 『風船おじさん』今どこに? 妻が思いつづった本出版”. 毎日新聞 (2000年12月12日). 2008年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月15日閲覧。
  14. ^ a b 「人模様 『ファミローザの母』空へ 石塚由紀子さん」『毎日新聞』2017年9月11日付東京夕刊
  15. ^ 「消えた風船オジサン三女がCDデビュー! バイオリニストfumiko」 ZAKZAK 2003年4月14日
  16. ^ 「『風船おじさん』の娘、fumikoが女優デビュー」『東京中日スポーツ』 2004年6月5日付
  17. ^ Biography コンサート”. ファミローザ・ハーモニー Official Website. 2023年9月15日閲覧。
  18. ^ 講師プロフィール 石塚恵美子”. ローザ芸術学院. 2023年9月15日閲覧。
  19. ^ a b c 「今も帰りを待ち続ける『風船おじさん』の妻」『週刊新潮』1999年5月6日・5月13日合併号、p.26。
  20. ^ a b c 「『風船おじさん』妻と娘が2万円「Xマスディナーショー」」『週刊新潮』2007年1月4日・11日合併号
  21. ^ 「『風船おじさん』出発から十年、家族はディナーショーで音楽活動」『週刊文春』2003年1月2日・1月9日合併号、p.44。
  22. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、p.126
  23. ^ a b c 「怒り鉄塔に昇る 横浜博で営業不振の出店業者 地上30メートル 独演1時間」『読売新聞』1989年7月31日付
  24. ^ a b c 「青鉛筆」『朝日新聞』1989年7月31日付
  25. ^ a b c 「『客入らぬ』と鉄塔ろう城 横浜博会 マスコット着て、土産もの店社長」『毎日新聞』1989年7月31日付
  26. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、pp.79-80
  27. ^ 「通風筒」『中日新聞』1989年7月31日付。
  28. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、p.81
  29. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、pp.81-82
  30. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、p.83
  31. ^ 中国偵察気球より「風船おじさん」を思い出せ! 平成初期・太平洋横断への飽くなき情熱、冷めた令和人こそ再注目だ”. Merkmal (2023年2月25日). 2023年9月15日閲覧。
  32. ^ 「冒険風船あえなく不時着」『読売新聞』1992年4月18日付
  33. ^ 「風船で空中散歩 落下し男性けが」『中日新聞』1992年4月18日付
  34. ^ 「20キロ先の民家に不時着、瓦割る 風船の冒険男性」『毎日新聞』1992年4月18日付
  35. ^ 「青鉛筆」『朝日新聞』1992年4月18日付
  36. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』 未来社、2000年、p.90
  37. ^ a b c d e f g h i j k 彼の出発状況”. Musical Sound 三輪茂雄. 2001年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月15日閲覧。
  38. ^ a b c 「風船で浮かび太平洋横断へ 小金井市の調律師」『朝日新聞』1992年11月24日付
  39. ^ 「風船ゴンドラ試験飛行中 一転、米へ向かう 小金井の鈴木さん」『読売新聞』1992年11月24日付
  40. ^ 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、pp.28-29
  41. ^ a b c d 石塚由紀子『風船おじさんの調律』未来社、2000年、pp.31-34
  42. ^ a b c 「風船おじさん 原点は仏映画『赤い風船』だった」『週刊朝日』2000年12月15日号、p.167.
  43. ^ a b c d e 大林高士「美人3姉妹が初めて明かした“風船おじさん”の素顔」『週刊現代』2012年12月26日号、p.44
  44. ^ a b 「風船旅行鈴木嘉和さん、消息途絶え絶望か」『朝日新聞』1992年12月13日付。
  45. ^ 「不明1ヵ月、情報ゼロ 米へ飛行 風船おじさん」『中日新聞』1992年12月28日付
  46. ^ a b 「航空評論家・気象庁予報部が予測 風船おじさんはカムチャッカにいる?」『週刊ポスト』1994年1月1日・7日合併号、pp.51-52
  47. ^ 堀江謙一植村直己の例に見られるように、冒険家は世界中どこでも連絡の取れるアマチュア無線を保有・使用するのが定石である。
  48. ^ 手の技・心のわざ 木風呂”. 江戸川区立図書館/デジタルアーカイブ 手の技・心のわざ. 2023年9月15日閲覧。
  49. ^ 大林高士「美人3姉妹が初めて明かした“風船おじさん”の素顔」『週刊現代』2012年12月26日号、p.45
  50. ^ 『官報』第3060号、財務省印刷局、2001年2月22日、16面。
  51. ^ 「消えたあの23人を大追跡! アラスカで風船おじさん発見!?」『女性セブン』2002年1月17日・24日号。
  52. ^ 風船おじさん - 一人芝居”. 2023年9月15日閲覧。
  53. ^ 「蟹江の演技が熱気 トム・プロジェクト『風船おじさん』」『朝日新聞』1997年4月8日夕刊。
  54. ^ 塚原泉構成・文「対談 宮沢章夫と中原昌也の勝手に見せろ/映画的人生」『キネマ旬報』2013年11月上旬号、p.39
  55. ^ 山家誠一「ラジオ交差点 風船おじさんの『夢』」『朝日新聞』1998年11月16日夕刊。
  56. ^ 「『風船おじさん』のドキュメンタリー 22日・文化放送」『東京新聞』1998年11月18日付
  57. ^ 「ビートたけしの21世紀毒談 国民栄誉賞はイチローじゃなく"風船おじさん"にあげろっての」『週刊ポスト』2001年11月23日号、p.216。
  58. ^ 「ビートたけしの21世毒談(第988回)空からオタマジャクシどころか『風船おじさん』が降ってくりゃそれこそファンタジーだっての!」『週刊ポスト』2009年7月20日号、p.129
  59. ^ 小説のなかだったら、いまも人々の暮らす北硫黄島を描けるのではないか――山野辺太郎さんインタビュー”. ナニヨモ (2022年8月19日). 2023年9月15日閲覧。



鈴木嘉和 (1940年 - 1992年11月消息不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 09:53 UTC 版)

自分の発明で死亡した発明家の一覧」の記事における「鈴木嘉和 (1940年 - 1992年11月消息不明)」の解説

通称風船おじさんヘリウム風船ゴンドラファンタジー号」で日本からアメリカ大陸飛行中消息不明になり、死亡したものと思われる

※この「鈴木嘉和 (1940年 - 1992年11月消息不明)」の解説は、「自分の発明で死亡した発明家の一覧」の解説の一部です。
「鈴木嘉和 (1940年 - 1992年11月消息不明)」を含む「自分の発明で死亡した発明家の一覧」の記事については、「自分の発明で死亡した発明家の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鈴木嘉和」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木嘉和」の関連用語

鈴木嘉和のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鈴木嘉和のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木嘉和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの自分の発明で死亡した発明家の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS