特例措置とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 特例措置の意味・解説 

特例措置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 20:07 UTC 版)

消費税法」の記事における「特例措置」の解説

事業者免税点制度 当期消費税課税事業者であるかどうかは、課税事業者選択した場合を除き前々期(基準期間)の課税売上高が1,000万円であるか前期上半期特定期間)の課税売上高給与支払額が1,000万円であるかどうかによる(多数例外ルールあり)。この免税点の上限は、平成15年度の税制改正前は3,000万円されていたが、課税ベース拡大いわゆる益税消費者払った税金事業者の手元にのこってしまうこと)解消のため引き下げられた。 簡易課税制度 消費税におけるいわゆる原則課税は、売上に係る消費税額と仕入に係る消費税額の差額納税する仕組みとなっているが、基準間の課税売上高が5,000万円以下であり予め簡易課税届出書提出している課税事業者は、その業種に応じて売上の何パーセント仕入れであるかという法定の「みなし仕入率」を適用して仕入れに係る税額計算する制度。この制度について益税解消などの観点から上限が2億円から引き下げられた。 売上×消費税率-(売上×消費税率)×みなし仕入率 事業区分毎のみなし仕入率事業区分みなし仕入率該当する事業第一種事業 90% 卸売業他の者から購入した商品をその性質形状変更しない他の事業に対して販売する事業第二種事業 80% 第一種事業以外の小売業他の者から購入した商品をその性質形状変更しない販売する事業第三種事業 70% 下記のどれかに該当する事業農業2019年10月以後食用農林水産物は第二種事業林業同上漁業同上鉱業 建設業 製造業製造小売業を含む) 電気業 ガス業 熱供給業 水道業 ただし、以下の事業は除く第一種事業 第二種事業 加工賃その他これに類する料金対価とする役務の提供 第四事業 60% この表の他に該当する物が無い事業具体的に下記2事業飲食店加工賃その他これに類する料金対価とする役務の提供を行う事業 第五種事業 50% 下記のどれかに該当する事業運輸通信金融・保険業 サービス業飲食店業に該当する事業を除く) ただし、第一種事業から第三種事業までの事業該当する事業を除く。 第六事業 40% 不動産業 限界控除制度 課税売上高当時免税点の3,000万円を超えてはいるが6,000万円未満2001年からは5,000万円未満)である中小事業者については、税額が0から一挙に3%に増加することを防ぐためのいわば激変緩和措置として、税額から所定の限界控除税額をマイナスするという制度。しかし、益税を招くことから1997年度廃止された。

※この「特例措置」の解説は、「消費税法」の解説の一部です。
「特例措置」を含む「消費税法」の記事については、「消費税法」の概要を参照ください。


特例措置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:09 UTC 版)

中国放送」の記事における「特例措置」の解説

中国放送男性社員新型コロナウイルス感染したことを受けて臨時措置として、2020年7月18日から8月16日予定で一部生放送休止していたが、延長され8月31日までが休止対象となっていた。対象となるのは月曜夜の『ヨルノバ』、土曜昼の『松ちゃん大ちゃんふくふくサタデー』、日曜昼の『ショコラジ』であり、各番組出演者スタッフ罹患者や、社員との濃厚接触者はいないもののスタジオ消毒換気の関係などから休止決まっており、月曜土曜臨時に東京からネット番組放送している(日曜当初は同様の措置であったが、以降は外部制作会社配給番組再放送番組埋め合わせたり本来ならナイター中継休止予定であった中四国ライブネット』の先行振替放送充てるケースもある)。9月5日の『ふくふくサタデー』よりいずれの番組放送再開している。

※この「特例措置」の解説は、「中国放送」の解説の一部です。
「特例措置」を含む「中国放送」の記事については、「中国放送」の概要を参照ください。


特例措置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 21:48 UTC 版)

無形文化遺産」の記事における「特例措置」の解説

2022年無形文化遺産選定する政府間委員会11月28日12月3日予定していたが、そこへ申請していたウクライナ郷土料理であるボルシチを、ロシアのウクライナ侵攻をうけユネスコ7月1日急遽登録を決定した

※この「特例措置」の解説は、「無形文化遺産」の解説の一部です。
「特例措置」を含む「無形文化遺産」の記事については、「無形文化遺産」の概要を参照ください。


特例措置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 01:29 UTC 版)

高等学校卒業程度認定試験」の記事における「特例措置」の解説

視覚障害等の身体上障害がある場合申請することによりいくつかの特例措置がとられる主な特例措置は以下の通りマークシートによる解答ではなく点字チェック、又は文字による解答 試験時間延長 別室受験 持参使用 付添者の同伴試験場への乗用車での入構

※この「特例措置」の解説は、「高等学校卒業程度認定試験」の解説の一部です。
「特例措置」を含む「高等学校卒業程度認定試験」の記事については、「高等学校卒業程度認定試験」の概要を参照ください。


特例措置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 09:23 UTC 版)

中華人民共和国の査証政策」の記事における「特例措置」の解説

下の査証免除対象はいずれ一般旅券所持者対象したものである。

※この「特例措置」の解説は、「中華人民共和国の査証政策」の解説の一部です。
「特例措置」を含む「中華人民共和国の査証政策」の記事については、「中華人民共和国の査証政策」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「特例措置」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特例措置」の関連用語

特例措置のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



特例措置のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの消費税法 (改訂履歴)、中国放送 (改訂履歴)、無形文化遺産 (改訂履歴)、高等学校卒業程度認定試験 (改訂履歴)、中華人民共和国の査証政策 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS