メカニクスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > メカニクスの意味・解説 

メカニクス【mechanics】

読み方:めかにくす

《「メカニックス」とも》

機械学力学

機械などの仕組み構造・機構

「メカニクス」に似た言葉

メカニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/28 16:37 UTC 版)

メカニック」の記事における「メカニクス」の解説

Mechanics - 力学

※この「メカニクス」の解説は、「メカニック」の解説の一部です。
「メカニクス」を含む「メカニック」の記事については、「メカニック」の概要を参照ください。


メカニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 07:04 UTC 版)

ユーロゲーム」の記事における「メカニクス」の解説

これらシステム構造による分類ユーザー間で自然発生的に広まった区分で、明確な規定があるわけではないStuart Woods著書で以下※印のついた6つ代表例としている。ゲームによっては複数のメカニクスを兼ねているものもある。代表的な作品についてはボードゲームドイツ年間ゲーム大賞ドイツゲーム大賞記事中での紹介リスト参照のこと。 ピース配置 / タイル配置イラスト描かれタイルカード等のピースランダムに、あるいは任意の所に配置するゲーム配置条件がある場合配置条件満たさなければ無得点になったりゲーム敗北するなどの不利が課せられるトランプゲーム山札のように配置前のピースを全プレイヤー共有するタイプと、トレーディングカードゲームのように配置前のピースを各プレイヤー個々で(手駒あるいは手札と言う形で所有するタイプとがある。またピース配置先を全プレイヤー共有するタイプと、各プレイヤー個々所有するタイプとがある。いずれもゲーム開始後に各プレイヤーの手番でピース追加配置する基礎ゲーム盤持たず配置したタイルが全プレイヤー共有のゲーム盤形成するタイプ(『カルカソンヌ』等)と、全プレイヤー共有する基礎ゲーム盤上に個々のピース配置するタイプ(『ブロックス』等)、各プレイヤー個々のゲーム盤上にピース配置するタイプ(『ヨット』『枯山水』等)とに分かれる。 モジュラーボードゲームの準備としてランダムにピースタイル配置し、それをゲーム盤として用いゲームプレイ毎にゲーム盤変化するため、繰り返しプレイしても飽きにくい。ゲーム終了時までピース配置変化がないタイプ(『カタンの開拓者たち』等)と、ゲーム中に一定の条件下ピース配置変化するタイプ(『ラビリンス』『サバイブ!(アイランド!):アトランティスからの脱出』等)とがある。 エリアマジョリティ、エリアコントロール ※全プレイヤー共有のゲーム盤手駒配置し、その配置によって「陣取り」を行なうゲーム手駒自陣を示す目印であり、特定の条件を満たした場合のみ手元へ戻る。エリア獲得によって直接的な恩恵を得るタイプを「エリアマジョリティ」、間接的な恩恵を得るタイプを「エリアコントロール」と称することが多いが、両者言葉の定義曖昧である。 『カタンの開拓者たち』『カルカソンヌ』等 ルート構築 / ネットワーク形成プレイヤー個々のスタート地点から中間地点ゴール地点までの路線ルート、あるいはネットワーク)を構築するゲーム経路は分岐しても構わないが、自身の経路は必ず全て繋がってなければならず、他プレイヤー確保した経路は跨げないと言う特徴がある。 『ツイクスト』『チケット・トゥ・ライド』等 ワーカープレイスメント ※ゲーム盤に「ゲーム内行動を示すマス描かれており、そこへ手駒ワーカー)を配置プレイス)することで行動決定するゲーム。他プレイヤー手駒置いたマスには、手駒置けなくなるか手駒を置く条件追加される陣取り」の要素を持つ。プレイヤー全員手番終えると、ラウンド終了処理の一環として行動実行され手駒手元へ戻る。手駒いくつかの種類があり、手駒種類によって行動制限されるものも多い。 『アグリコラ』等 ロール・セレクション手駒いくつかの種類があり、手駒種類によって異なる効果を持つもの(ロール)を、自分のターン毎や他プレイヤーアクション対応して選ぶ(セレクション)ことでアクションプレイ影響を及ぼすゲーム。 ダイスプレイスメントダイスを振り所定の場所配置プレイス)することで行動能力決定するゲームダイス手駒として用いるワーカープレイスメントや、ダイス個々のゲーム盤に置くタブロービルドなどがある。 ピック・アンド・デリバリーゲーム盤上のある場所に置かれたピース選択ピック)し、別の所へ輸送デリバリー)するゲーム輸送ルートがあらかじめ決まっているタイプと、輸送ルートプレイヤー作っていくルート構築兼ねたタイプとがある。貨物輸送旅客輸送などをモチーフしたものが多い。 リソースマネジメントゲーム内で所有する資産リソース)を、プレイヤー自身管理マネジメント)することがプレイ重要な位置を占めるゲーム多くの場合行動選択肢そのもの多様だが、行動に伴う必要コストによって選択事実上の制限を受けるため、所有するリソースを如何に割り振るかが重要となる。 拡大再生産所有するリソースを投資して収入を得、さらにその収入リソースとして投資する……と言う手順繰り返し資産拡大するゲーム。 『街コロ』等 ハンドマネジメント(手札管理)場や山札、他プレイヤーなどから手を引き、使ったり捨てたりして手札入れ替え枚数調節するなど、非公開の手ハンド)を管理マネジメント)することがプレイ重要な位置を占めるゲーム。 『麻雀』等 セットコレクション ※アイテム収集コレクション)し、「特定の組み合わせセット)」による「役」で有利な状況作り出すゲーム。 『アズール』等 エンジンビルド、エンジンビルディングアクションやアイテムの持つ特殊効果等を組み合わせ、高い相乗効果を持つコンボエンジン)を構築ビルド)することがプレイ重要な位置を占めるゲームゲーム本来の目標別に用意されており、コンボ構築はあくまで目標の達成効率を上げる手段である。そのためセットコレクションと異なり組み合わせそのもの組み合わせ条件組み合わせによる追加点等はルールでは規定されていないコンボによりプレイ有利に進行できる様を「エンジン駆動」に例えた呼称で、同様の用法トレーディングカードゲームおいても見られる。 デッキビルドの一種とされることもあるが、『ウイングスパン』のように自身のデッキ持たないエンジンビルドも存在し厳密に別のメカニクスである。 プールビルディングプレイヤーのアクションカードチップ等のピース決定されるが、それらのピースプレイヤー個々ストックプールしており、そこに新たなピース追加した不要なピース除外したりして洗練し、より強いプール構築するゲーム。 デッキビルド、デッキビルディング、デッキマネジメント多種多様なカードから、制限沿った任意のカード選んで自分用山札デッキ)」を構築し山札から引いたカードに基づいて行動するゲームゲーム中に新たなカード獲得する機会があり、プレイヤー自身それらのカード山札追加交換をすることで、山札内容理想近づくよう「構築ビルド)あるいは管理マネジメント)」を行う。カード多く特殊効果を持っており、山札入れカード洗練することで、それらの相乗効果を得るエンジンビルドを兼ねたものも多い。 『ドミニオン』等 バッグビルド、バッグビルディング、バッグマネジメントチップやダイスと言ったピース自分用の袋(バッグ)から無作為に取り出すアクションを行うが、その袋の中身となるピースプレイヤー自身選んで追加交換ができる「袋の中身構築ビルド)あるいは管理マネジメント)」するゲーム。デッキビルドとほぼ同義だが、カードのようなシャッフル物理的に不可能な(ため、無作為抽出すべく袋に入れ必要があるチップダイス等で同等の行為を行うゲーム用いられる語。デッキビルドと同じくピース相乗効果を得るエンジンビルドを兼ねたものも多い。 『オルレアン』『ウォーチェスト』等 ダイスビルディングバックビルドの中でも、特にダイス限定した呼称。 タブロービルドプレイヤー個々用いるプレイヤーボード(「タブロー」と俗称される)上にカードピース等を置き、プレイヤー個々自身の場を構築ビルド)するゲーム。デッキビルドやバックビルドとの違いは、「デッキ中身」や「バッグの中身と言った不確定要素構築ではなく、既に場に置かれ確定した要素新たな要素追加し場を構築する点である。デッキビルドと同じくピース相乗効果を得るエンジンビルドを兼ねたものも多い。 なおプレイヤーボード(タブロー)を用いないもののプレイヤー自身の場を構築するゲームについては、タブロービルドに含むとする意見含まないとする意見とに分かれている。 交渉取引所有するアイテムや場に公開されたアイテム未来行動などに対して、他プレイヤー取引交渉などの駆け引き行いゲーム有利な状況を自ら作り出す言動プレイ重要な位置を占めるゲーム。 『ボーナンザ』等 オークション ※場に公開されたアイテムを、プレイヤー同士の「競り」によって収集するゲームアイテムにより高い価格付け通常のオークション形式他に全員希望額を一斉に公開し最高値付けたプレイヤー落札する「ブラインド・オークション」と呼ばれる形式もある。収集したアイテムを「部品」として組み合わせ、「完成品」の作成目標とするセットコレクションを兼ねたものも多い。 『ハゲタカのえじき』『ラー等 価変動 / 投資 / 相場ゲーム内条件によって価格変動起きアイテム売買し利益を得るゲーム株取引会社経営などをモチーフしたものが多い。 『アクワイア』『モダンアート』等 ドラフト場に公開されたり各プレイヤー配られたりしたアイテムを、選択肢無くなるまで全プレイヤーが順に選び取るゲーム。主にゲームの準備として行われる手札となるカード用いゲームにおいて、最初に配られる手札通常ランダムだが、選択ルールとして最初の手札ドラフトできる(ことによって手札再配分し、手札偏りによる序盤の差を緩和するタイプもある。 また、場に公開されたアイテム手番プレイヤーのみが選び取り次の手番前に場のアイテム補充したうえで手番交代するタイプも「ドラフト」と称されるすごろくプレイヤーダイスサイコロ)を振ったりルーレット回したりカード引いたりし、出た数値分だけコマ進め競走ゲームゴール目指す以外の仕組み組み込まれているものも多く特定のコマと「鬼ごっこ」を行うタイプ(『ねことねずみの大レース』『おさかなクン』等)、特定のマス止まることで利害発生するタイプ(『モノポリー』『アベ・カエサル』『冷たい料理の熱い戦い』等)、NPCコマ順位予想するレースゲーム(『ロイヤルターフ』等)等が見られる。 タイムトラック行動順管理する双六状のマス(タイムトラック)があり、“ゴール地点”から最も遠いプレイヤー手番を得るゲーム手番を行うことで行動順マスを進むが、それでもなおゴール地点”から最も遠い場合手番続けて行える多くの場合行動順マス進行度自己調整でき、また特定マス最速通過するボーナス得られる。 『パッチワーク』『東海道』等 トリックテイキング小規模な勝負トリック)を繰り返し行い勝利点を稼ぐ(テイキング)ゲーム『ザ・クルー』等 チキンレースプレイヤーに挑戦与えられ挑戦続けるほどハイリスク・ハイリターンになるゲーム多くの場合挑戦失敗するリターン没収されそれまで挑戦水の泡となる。 『キャントストップ』等 アクションゲーム物理的なスピードテクニックプレイ重要な位置を占めるゲーム。 『カロム』『おばけキャッチ』等 記憶力非公開情報一時的な公開口頭で宣言などを“記憶しておくこと”がプレイ重要な位置を占めるゲーム。 『神経衰弱』『魔法ラビリンス』等 予想 / 推理公開された情報を元にした、各プレイヤー予想推理プレイ重要な位置を占めるゲームプレイヤー1人一定の条件下他のプレイヤー情報伝えタイプ(『ディクシット』等)、一部のみ公開された情報から論理的に推理するタイプ(『ドメモ』等)、ランダム性完全に排しアブストラクトゲーム(『ハイパーロボット』『GIPF』等)とがある。 心理戦との相違点として、客観的な正解」や「最善手」が重視される点が挙げられる。またプレイヤー同士対戦しないタイプ見られる心理戦ゲームシステムそのもの比較単純で、必ず複数人対戦プレイし、対戦相手言動予測自身の言動プレイ重要な位置を占めるゲーム予想推理との相違点として、「対戦相手との駆け引き」が重視される点が挙げられる。 『ガイスター』『ニムト』等 ブラフブラフとは英語で「はったりの意味対戦相手判断を誤らせる言動プレイ重要な位置を占めるゲームタイトルそのものに『ブラフ』と付けられゲーム存在する。 『チャオチャオ』等 正体隠匿プレイヤーに「役目」が割り振られ役目割り振られ特殊能力秘匿情報駆使して役目隠しつつ駆け引き行い勝利を目指すゲームプレイヤー役目判明すると、プレイに不利となった勝敗決したりするものも多い。 マーダーミステリー系、『汝は人狼なりや?』等 固有能力プレイヤーに、それぞれ異な特殊能力与えられるゲーム特定の条件下においてボーナス得たり通常許可されない行動許可されたりする。ゲームによってはそれらの代償として特定の条件下において不利な制限が加わったりすることもある。与えられた能力によって戦略変化するため、繰り返しプレイしても飽きにくい。 予め用意されたテンプレート”をゲーム開始時に各プレイヤー割り振る形で与えるものが多い。正体隠匿協力ゲームにおいて「役目」「役職」等として組み込まれている他、ストーリー背景作り込まれゲーム個性的なキャラクター」「種族「組織」と言った形で組み込まれたパターン見られる。 『コズミック・エンカウンター』等 ヴァリアブル・フェイズ・オーダー実行できるアクション一定ではなくラウンド毎に実行できるアクションアクション実行順などが変化するゲームラウンド開始時に、実行できるアクション内容実行順を決定するフェイズ用意され、全プレイヤー選択によってそれらが決定する。そのアクション選択したプレイヤーボーナス得られる。 『プエルトリコ』『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』等 行動順変動原則としてプレイヤー自動交代がなく、交代のための専用アクション実行したプレイヤー以降のラウンドで親プレイヤーとなるゲーム非対称型(対戦ゲームプレイヤーチーム分かれて対戦するが、所属チームによってチーム人数勝利条件行動制限などが異なタイプゲーム。 『スコットランドヤード』『カイジュウ・オン・ジ・アース』シリーズ協力(型)ゲームプレイヤー特殊能力を持つ「役目」が割り振られゲームシステムによる状況悪化に対し、全プレイヤー協力して目標達成目指すゲーム。 『アンドール伝説』『パンデミック』等 レガシーシステム、レガシーゲーム通常プレイするたびにリセットされゲーム状況を「次回ゲーム」へ持ち越し前回ゲーム状況を元にコンポーネントルール変更加えゲーム繰り返し遊びつつ連続したストーリープレイする「キャンペーンプレイ」をシステムそのもの組み込んだゲームプレイの際、コンポーネントストーリー指定されたもののみ用いストーリー進行に応じて段階的に変更するリセットできないよコンポーネント物理的な変更加えるものや、キャンペーン終了後遊べなくなるものも多い。 同様のメカニクスは既にテーブルトークRPGウォー・シミュレーションゲームなどで運用されており、これをロブ・ダヴィオー(英語版)がボードゲームに取入れた当初はリスク』『パンデミック』等の既存ボードゲームレガシー化した作品発売されたが、その後レガシーシステム最初から組み込んだSea Fall』『フルーツジュース』『グルームヘイヴン』等の作品発売されるようになった。 ロール・アンド・ライト / 紙ペンゲームいわゆる○×ゲームのように、プレイヤー選択筆記具で紙に書き込むゲームユーロゲームの一ジャンルとしては、あらかじめマス目等が印刷され専用シートが各プレイヤー配られカードダイスなどでランダムに抽出された(ロール選択肢から、各プレイヤー任意のものを選んでシート書き込むライトタイプが多い。提示される選択肢自体は全プレイヤー共通であるため、人数を問わずプレイできるの特徴であり、ゲームによってはプレイ人数1-100とされているものもある。 元ゲームでは用いられなかったりゲームの一要素に過ぎなかった専用シートへの書き込み主体とするようリメイクされたゲームを指すこともある。 『パッチワーク ドゥードゥル』『カートグラファー』等 ダイスゲームダイスを主体的に用いゲーム全般のほか、元ゲームでは用いられなかったりゲームの一要素に過ぎなかったダイスロール(サイコロを振ること)を主体とするようリメイクされたゲームを指すことがある。 『カタン開拓者 ダイスゲーム』等 カードゲームカードを主体的に用いゲーム全般のほか、元ゲームでは用いられなかったりゲームの一要素に過ぎなかったカードでのプレイ主体とするようリメイクされたゲームを指すことがある。 『モダンアート カードゲーム』等 デュエル / デュアル1対1決闘デュエル)を主題としたゲーム全般のほか、2人デュアルプレイ専用ゲームや元は3人以上プレイするものを2人プレイ専用リメイクされたゲームを指すことがある。本来「デュエル」と「デュアルの意味異なるが、元々の語源同一のため、ユーロゲームにおいてはほぼ同じ用法用いられる。 『世界の七不思議 デュエル』等 オートマゲームデザイナー集団「オートマ・ファクトリー」がデザインしたソロプレイ対戦AI対戦型としてデザインされゲーム1人プレイできるようにする仮想の対戦相手であり、対応ゲームにはパッケージ外箱にオートマ・ファクトリーのロゴ印刷されオートマ専用ガイダンス同梱される。タイトルによってはオートマ行動を示すカードオートマ専用内容物同梱されることもある。プレイヤー側ルール等変更はなく、通常通りプレイすれば良いオートマの手番において、プレイヤーガイダンス則りオートマ行動させるオートマ基本的にプレイヤーと同じルールに従うが、一部ルール簡略化されている。またタイトルによってはオートマ難易度数段用意されており、プレイヤー熟練度対応する。 主にストーンマイヤー社から発売されたゲーム搭載されており、『ワイナリー四季』に初め導入され、『パッチワーク』『テラミスティカ』のようにオートマ非対応タイトルオートマ追加できる拡張セット発売されたものもある。また、オートマ・ファクトリーによらないソロプレイ用の仮想の対戦プレイヤーオートマ俗称されることがある

※この「メカニクス」の解説は、「ユーロゲーム」の解説の一部です。
「メカニクス」を含む「ユーロゲーム」の記事については、「ユーロゲーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「メカニクス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

メカニクスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メカニクスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメカニック (改訂履歴)、ユーロゲーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS