優生学者とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 優生学者の意味・解説 

優生学

(優生学者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 04:35 UTC 版)

優生学(ゆうせいがく、: eugenics)は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される[2]


  1. ^ 北欧では、精神障害がどの程度遺伝するのか不明だとしても、障害者は子供をきちんと育てられず、子供も親と同様に福祉の世話になるからという理由で、断種が支持された[13]
  2. ^ 原文は
    [This book's] intention is to touch on various topics more or less connected with that of the cultivation of race, or, as we might call it, with "eugenic"1 questions, and to present the results of several of my own separate investigations.
    1 This is, with questions bearing on what is termed in Greek, eugenes, namely, good in stock, hereditarily endowed with noble qualities. This, and the allied words, eugeneia, etc., are equally applicable to men, brutes, and plants. We greatly want a brief word to express the science of improving stock, which is by no means confined to questions of judicious mating, but which, especially in the case of man, takes cognisance of all influences that tend in however remote a degree to give the more suitable races or strains of blood a better chance of prevailing speedily over the less suitable than they otherwise would have had. The word eugenics would sufficiently express the idea; it is at least a neater word and a more generalised one than viriculture, which I once ventured to use.
  3. ^ 原文は

    I propose to show in this book that a man's natural abilities are derived by inheritance, under exactly the same limitations as are the form and physical features of the whole organic world. Consequently, as it is easy, notwithstanding those limitations, to obtain by careful selection a permanent breed of dogs or horses gifted with peculiar powers of running, or of doing anything else, so it would be quite practicable to produce a highly-gifted race of men by judicious marriages during several consecutive generations.

  4. ^ 1920年代から40年代にかけて多くの高校と大学の教科書においては人々に対する優生学的諸法則を応用することから得られる様々な科学的進歩を喧伝する章立が見られた。また初期の科学雑誌には遺伝関連の記事が多く掲載された。雑誌の編集者には優生学者がおり、優生学の特集記事を掲載することもあった。
  5. ^ この報告はナチス政府によって、それらの広範な断種計画は実行可能であり、かつ人道に適ったものであるという証拠として広く引用された
  6. ^ 国外から流入する「不適格者」達の数を制限するために制定されたものであり、前年比で15 %移民の数を減少させた。
  7. ^ 第一次世界大戦でドイツの精神病患者の多数(推定7万人[48])が飢餓の影響で死亡したことが念頭にあったとされる[46]
  1. ^ Currell, Susan; Christina Cogdell (2006). Popular Eugenics: National Efficiency and American Mass Culture in The 1930s. Athens, OH: Ohio University Press. p. 203. ISBN 082141691X 
  2. ^ "Eugenics", Unified Medical Language System (Psychological Index Terms) National Library of Medicine, 26 Sep. 2010. <[1]>http://ghr.nlm.nih.gov/glossary=eugenics
  3. ^ a b 藤川信夫「優生学から見た子ども、教育(学)から見た子ども : 藤川信夫(編著)『教育学における優生思想の展開』(勉誠出版2008年)の総括として」『大阪大学教育学年報』第16号、大阪大学大学院人間科学研究科教育学系、2011年3月、 3-15頁、 doi:10.18910/7193ISSN 1341-9595NAID 120004841386
  4. ^ 『優生学と人間社会』2000年、第1章
  5. ^ 桜井徹『リベラル優生主義と正義』ナカニシヤ出版、2007年、p22
  6. ^ 「劣性遺伝」は「劣った性質」ではない読売新聞 YomiDr、2017年10月30日
  7. ^ Lynn, Richard (2001). Eugenics: a reassessment. New York: Praeger. p. 18. ISBN 0-275-95822-1. "By the middle decades of the twentieth century, eugenics had become widely accepted throughout the whole of the economically developed world, with the exception of the Soviet Union." 
  8. ^ Hans-Walter Schmuhl, "The Kaiser Wilhelm Institute for Anthropology, Human Heredity and Eugenics, 1927-1945", Boston Studies in the Philosophy of Science Vol. 259, Wallstein Verlag, Göttengen, 2003, p. 245
  9. ^ a b 『安楽死を遂げるまで』(小学館)安楽死を選ぶ: オランダ・「よき死」の探検家たちp54. シャボットあかね 2014年
  10. ^ Cursed by Eugenics”. Time (1999年1月11日). 2020年8月3日閲覧。
  11. ^ 『優生学と人間社会』2000年、1章、2章、5章
  12. ^ 『優生学と人間社会』2000年、1章
  13. ^ a b 『優生学と人間社会』2000年、3章
  14. ^ 『優生学と人間社会』p29、2000年
  15. ^ a b スティーブン・ピンカー『人間の本性を考える 心は「空白の石版」か (中)』NHK出版、2004年、p36
  16. ^ 『科学・技術・倫理百科事典』丸善出版、2012年
  17. ^ 『優生学と人間社会』p238、2000年
  18. ^ 『優生学と人間社会』p138、2000年
  19. ^ Galton, Francis. Inquiries Into Human Faculty and Its Development. Macmillan. 1883. p. 24
  20. ^ Galton, Francis (1904年7月). “EUGENICS: ITS DEFINITION, SCOPE, AND AIMS.” (英語). 2009年8月27日閲覧。
  21. ^ (カショーリ, ガスパリ & 草皆 2008, p. 36)
  22. ^ (ケヴルズ & 西俣 1993) [要ページ番号]
  23. ^ : reversion towards mediocrity
  24. ^ : regression towards the mean
  25. ^ a b c ピーター・バーク、井山弘幸訳 『知識の社会史 2 -百科全書からウィキペディアまで』 新曜社、2015年、245頁。ISBN 9784788514331 
  26. ^ a b c d e f ピーター・バーク、井山弘幸訳 『知識の社会史 2 -百科全書からウィキペディアまで』 新曜社、2015年、246頁。ISBN 9784788514331 
  27. ^ 論文「人類の聾唖種の形成に関する記録」
  28. ^ American Eugenics Society (1926-1972)、The Embryo Project Encyclopedia
  29. ^ 『優生学と人間社会』2000年、p36
  30. ^ 『優生学の名のもとに』1993年、p174-176
  31. ^ a b 『優生学と人間社会』2000年、p35
  32. ^ a b Eugenic Sterilization Laws Paul Lombardo, University of Virginia
  33. ^ 『優生学と人間社会』2000年、p47-48
  34. ^ 原題「Heredity in Relation to Eugenics
  35. ^ : Race Crossing in Jamaica
  36. ^ Kühl, S、「The Nazi Connection; Eugenics, American Racism, and German National Socialism」(オックスフォード/ニューヨーク、O.U.P.、1994年)
  37. ^ スティーヴン・ジェイ・グールド『人間の測りまちがい』河出書房新社
  38. ^ 1920年の移民と帰化に関する下院委員会に対する専門参考人として指名された
  39. ^ フランツ・サムエルソン、マーク・シュナイダーマン、リチャード・ヘアンスタイン英語版らによる、移民政策に関する議事録調査より。
  40. ^ (カショーリ, ガスパリ & 草皆 2008) [要ページ番号]
  41. ^ (カショーリ, ガスパリ & 草皆 2008) [要ページ番号]
  42. ^ Echoes of Eugenics : Roe v Wade
  43. ^ 『優生学と人間社会』2000年、p90
  44. ^ a b c 『優生学と人間社会』2000年、p94
  45. ^ 『優生学と人間社会』2000年、p100
  46. ^ a b c 『優生学と人間社会』2000年、p101-104
  47. ^ a b 木畑和子. "研究動向紹介 第三帝国期の 「安楽死」 と優生学--シュヴァルツのシュムール批判をめぐって." 成城文芸 168 (1999): 108-93.
  48. ^ Engwall, Kristina. "Starved to death? Nutrition in asylums during the world wars." Scandinavian journal of disability research 7.1 (2005): 2-22.
  49. ^ 『優生学の名のもとに』1993年、p174
  50. ^ 『優生学と人間社会』2000年、p114
  51. ^ スウェーデン政府は40年の間に優生計画の一環として6万2千人の「不適格者」に対する強制断種を実行している
  52. ^ “スイスの暗い過去 強制的に親から引き離された被害者が語る”. スイス放送協会. (2014年9月12日). http://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%9A%97%E3%81%84%E9%81%8E%E5%8E%BB-%E5%BC%B7%E5%88%B6%E7%9A%84%E3%81%AB%E8%A6%AA%E3%81%8B%E3%82%89%E5%BC%95%E3%81%8D%E9%9B%A2%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B/40643978 2014年9月14日閲覧。 
  53. ^ 小山騰『国際結婚第一号・明治人たちの雑婚事始』講談社選書メチエ。[2]
  54. ^ 高橋義雄『日本人種改良論』石川半次郎、1884年9月。NDLJP:832935
  55. ^ 海野幸徳『日本人種改造論』冨山房、1911年6月8日(原著1910年6月9日)、訂正増補改版。NDLJP:1230017
  56. ^ a b 性と生殖の人権問題資料集成 編集復刻版』第15巻、不二出版、2000年9月。ISBN 4-8350-1354-9 - 収録:海野幸徳『日本人種改造論』、沢田順次郎『民種改善 模範夫婦』
  57. ^ 沢田順次郎『民種改善 模範夫婦』啓成社、1911年。NDLJP:1054528
  58. ^ 性と生殖の人権問題資料集成 編集復刻版』第16巻、不二出版、2000年9月。ISBN 4-8350-1355-7 - 収録:氏原佐蔵『民族衛生学』
  59. ^ 廣嶋清志「現代日本人口政策史小論(2) (PDF) 」 『人口問題研究』、日本生物学会、1981年10月、 73頁。
  60. ^ 日本ファシズムと優生思想 一般社団法人 部落解放・人権研究所
  61. ^ 旧優生保護法における強制不妊手術:未だなされない被害者救済nippon.com 2018年7月13日
  62. ^ 『優生学と人間社会』2000年、p139
  63. ^ NHKハートネット 生命操作 復刻版 「社会の負担を減らしたい」
  64. ^ 堀智久「英国における出生前診断と当事者のケア ─ ARC の事例を手掛かりに
  65. ^ a b 『優生学と人間社会』2000年、p246
  66. ^ Bozkurt, Gülsen. "Results from the north cyprus thalassemia prevention program." Hemoglobin 31.2 (2007): 257-264.
  67. ^ “Population-based genetic screening for reproductive counseling: the Tay-Sachs disease model”. European Journal of Pediatrics 159 Suppl 3 (Suppl 3): S192-5. (December 2000). doi:10.1007/PL00014401. PMID 11216898. 
  68. ^ “A genetic profile of contemporary Jewish populations”. Nature Reviews. Genetics 2 (11): 891-898. (November 2001). doi:10.1038/35098506. PMID 11715044. 
  69. ^ “Carrier screening for cystic fibrosis, Gaucher disease, and Tay-Sachs disease in the Ashkenazi Jewish population: the first 1000 cases at New York University Medical Center, New York, NY”. Archives of Internal Medicine 158 (7): 777-781. (April 1998). doi:10.1001/archinte.158.7.777. PMID 9554684. 
  70. ^ 日中韓の大学生 「生命の選別」への意識に大きな差”. 岡山大学. 2017年11月1日閲覧。
  71. ^ “中韓で熱を帯びる優生思想 6割超「精子バンク使っても優秀な子を」”. 産経新聞. (2014年11月25日). http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/141124/lif14112412000003-n1.html 2017年11月1日閲覧。 
  72. ^ エキサイト”. (2008年6月13日). http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20080613/Searchina_20080613008.html 2017年11月1日閲覧。 
  73. ^ 中国优生优育协会”. 2017年11月1日閲覧。
  74. ^ 中国优生科学协会” (2012年5月7日). 2017年11月1日閲覧。
  75. ^ 暴走する中国ゲノム研究” (2018年12月6日). 2018年12月7日閲覧。
  76. ^ それは「適切な」恋人同士の「健全な結婚」を後押しするという、彼の優生学的な関心が実を結んだ事業であった
  77. ^ : Eugenics Quarterly
  78. ^ : Social Biology
  79. ^ 欧州連合基本権憲章、第3条第2項
  80. ^ 障害者権利条約#第10条 生命の権利
  81. ^ 障害者権利条約#第17条 個人のインテグリティの保護
  82. ^ カール・セーガン『COSMOS』上巻63頁 木村繁訳、朝日新聞出版、2013年6月





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「優生学者」の関連用語

優生学者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



優生学者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの優生学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS