験とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 効果 > の意味・解説 

けん【験】

⇒げん(験)


げん【験】

仏道修行を積んだしるし。特に修験者の行う加持祈祷(かじきとう)のききめ。

ある事を行ったことによるききめ。効果

「こんな姑息手段で断えず額を冷やし見たが、一向はかばかしい—もないので」〈漱石・門〉

縁起前兆。「験が悪い」「験をかつぐ」


しるし【徴/験】

《「印」と同語源》

(徴)何事かの起こる前触れ。きざし。前兆。「異変の起こる—」

(験)

神仏現す霊験御利益(ごりやく)。「祈念の—が現れる

効果。ききめ。効能。「養生の—が見えてきた」


げん【研/拳/嫌/験】

〈研〉⇒けん

〈拳〉⇒けん

〈嫌〉⇒けん

〈験〉⇒けん


けん【験〔驗〕】

[音]ケン(慣) ゲン(呉)(漢) [訓]ためす しるし

学習漢字4年

[一]ケン

証拠によって確かめる。ためす。「験算経験試験実験体験被験者

試験。「受験

しるし・ききめ。「効験

[二]ゲン仏道におけるしるし。「霊験修験道(しゅげんどう)」

名のり]とし


けん【験】

〔名〕 ⇒げん(験)


げん【験】

〔名〕

① ある行為を行なったという証拠。しるし。あかし。

続日本紀宝亀元年770)一〇月丙申真備自観、信足験」〔史記‐晉世家

仏道修行によって現われ具体的な不思議なしるし。効験また、特に修験者行なう加持祈祷などのききめ。あるいは修験者そのものをもさす。

宇津保(970‐999頃)菊の宴「源宰相、なほすべき方おぼえねば、比叡にのぼりて、あるが中にげんかしこき所に四十九所に、よき阿闍梨四十九人をえりて〈略〉四十九壇に聖天供を〈略〉行はせ」

③ (形動加持祈祷などのききめがあること。また、そのさま。

読本雨月物語(1776)蛇性の婬「いとも験(ゲン)なる法師にて凡疫病(ゑやみ)妖灾(もののけ)(いなむし)などをもよく祈るよしにて」

④ (②から転じて) 一般的に、ある行為を行なったことによるききめ。効果

史記抄(1477)九「いくたびせらるるも験もないに又云へばかうせらるるぞ」〔淮南子‐主術訓〕

(5) 吉凶のきざし。前兆縁起(えんぎ)。

歌舞伎傾城青陽𪆐(1794)発端「われに浦々口の娘子供が、惚れくさるが、げんがわるいに依って

(6) むくい。応報。〔論衡‐乱龍〕

[補注](5)について) 一説縁起倒語ギエンの約とする説がある。


けん‐・す【験】

〔他サ変〕 ⇒けんする(験)


しるし【印・標・験】

〔名〕 (動詞「しるす(記)」の連用形名詞化

[一] 書いたり描いたりかどったりして、ある意味表わすもの。

① 他と区別し、そのものであることを示すもの。目じるし。記号

万葉(8C後)九・一八〇九「永き代に 標(しるし)にせむと 遠き代語り継がむと 処女中に造り置き」

書き付けること。また、書き付けたもの。記録。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

所属身分などをはっきりさせるためのもの。紋所・旗・記章の類。

書紀720継体元年正月前田本訓)「節(シルシ)を持(も)て法駕(みこし)を備へて三国に迎へ奉る

平家13C前)九「黄金作の太刀をはき、切斑の矢おひ、しげの弓の鳥打を、紙をひろさ一寸ばかりにきって、左まきにぞまいたりける。今日大将軍のしるしとぞ見えし」

割符

書紀720孝徳年正月(北野本訓)「凡そ駅馬伝馬給ふことは、皆鈴・伝符(シルシ)の剋(きさみ)の数に依れ」

(5) 墓標。墓じるし。

謡曲笠卒都婆(1430頃)「暫らく、これなるしるしに向かひ、回向をなしておん通り候へ

(6) ある色や形や音などで意思通じさせようとするもの。信号合図

大鏡(12C前)三「かかるしるしをみせたまはずは、いかでか、みたてまつりたまふらんともしらまし」

[二] (証) 真実真心表わすもの。

事実証明するもの。証拠。あかし。

万葉(8C後)一・五七引馬野ににほふ榛原(はりはら)入り乱れ衣にほはせ旅の知師(しるシ)に」

微意表わすこと。また、その心を表わす品物。現在は、ふつう「おしるし」の形で用いる。

泊客(1903)〈柳川春葉〉四「お歳暮お印までですよ」

結納

人情本春告鳥(1836‐37一三「私(わちき)を貰はふ遣ふと約束をして些(ちっと)ばかりしるしを取た事がありましたのサ」

[三] (印・璽天皇の位を表わすもの。また、天皇、および官の許可の証。

天皇として持つべき神器総称。特に、三種の神器一つである「やさかにのまがたま」をさす。神璽しるしの御箱。→みしるし

官印とそれを身につける組紐印綬(いんじゅ)。

書紀720崇神一〇年九月北野南北朝期訓)「既(すて)にして共(とも)に印綬(みシルシ)を授(さつけたま)ひて将軍(いくさのきみ)とす」

おおやけの印(いん)。官印国璽

今昔1120頃か)一〇「我此の宮に有と云ふとも未だ璽(しるし)及び公財を不令動ず

[四] (首) 敵のくび。首級

上杉家文書永正一〇年(1513)一〇月二八日・長尾為景書状「去二十一被成一戦敵被打取験、并手負註文給候」

[五] (徴) ことがそうなる前ぶれ。ある結果導きだすきざし。

徴候前兆

古事記(712)中「如此の夢は、是れ何の表(しるし)にか有らむ」

徒然草1331頃)五〇「その比、おしなべて二三日人のわづらふ事侍りしをぞ、かの鬼の虚言は、このしるしを示すなりけり言ふ人も侍りし」

② 自然が移りゆくけはい。様子

書紀720推古一二四月岩崎平安中期訓)「四の時順ひ行ての気(シルシ)通ふことを得」

分娩第一期に見られる血性おりもの子宮口開大ともなって卵膜一部子宮壁から剥離しておこる。分娩開始徴候とされる。おしるし

[六] (験) あるはたらきかけに対して現われる結果

神仏霊験御利益(ごりやく)。

書紀720持統五年六月寛文版訓)「亦当に五日 経を誦(よ)め。庶くば補(シルシ)有らむことを」

② かいのあること。効果

万葉(8C後)三・三三八「験無(しるしなき)物を思はずは一坏の濁れる酒を飲むべくあるらし」

治療効能。ききめ。

出雲風土記733意宇「再び沐(ゆあみ)すればの病悉に除(い)ゆ。古より今に至るまで験(しるし)を得ずといふことなし


ためし【試・験】

〔名〕 (動詞「ためす(試)」の連用形名詞化

① (「に」を伴って副詞的に用いることもある) ためすこと。こころみること。試験

浮世草子好色二代男(1684)二「何が出るぞ様(タメシ)にと、年明前(ねんあきまへ)の女郎の、しかもふてきない人」

義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一「物は可試(タメシ)だ。まあ御召しなすって下さい

② 兜・鎧(よろい)などで、矢玉を通さないことを証明済みであること。

仮名草子尤双紙(1632)上「おもさ物之しなじな〈略〉ためしのかぶと、ぐそく」

③ 「ためしぎり試斬)」の略。

刑罪秘録(1814か)御様之事(古事類苑法律三三)「御様(ため)しは、前広御腰物奉行より町奉行懸合之」


けん‐・する【験】

〔他サ変〕 [文]けん・す 〔他サ変

① しらべる。ためす。こころみる。

令義解718賦役「凡応者。皆待蠲符至。然後注免。符雖至。験位記灼然実者亦免」

正法眼蔵123153眼睛「いま衲僧(なふそう)を験すといふは、古仏なりやと験するなり」

験算する。


げん‐・ず【験】

〔他サ変〕 =げんずる(現)(二)

今昔1120頃か)二六「此国に験じ給ふ神の御(おは)するが、人を生贄(いけにへ)に食(くふ)也」


験を担ぐ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/03 19:59 UTC 版)

験を担ぐ(げんをかつぐ)は、ある物事に対して、以前に良い結果が出た行為を繰り返し行うことで吉兆を推し量ること。また、良い前兆であるとか悪い前兆であるとかを気にする、すなわち、縁起を気にすることや、縁起を気にして物事の成功を願った行動を行うこと。験担ぎ(げんかつぎ)、ゲン担ぎとも言う。


  1. ^ a b 【くらし物語】受験前 鯛やカツ丼などでゲン担ぎ*不安解消に 食べて自分に活『日本経済新聞』朝刊2019年2月2日・日経+1(別刷り11面)。
  2. ^ 北海道帯広市 幸福駅公式ホームページ(2019年4月15日閲覧)。


「験を担ぐ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 11:51 UTC 版)

発音

名詞

  1. ゲン修験者修験者がなす不思議の技。
  2. ゲン)ききめ、効験
  3. ゲン運気縁起

熟語


出典:『Wiktionary』 (2020/03/29 16:54 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



験と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「験」の関連用語

験のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの験を担ぐ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS