ザナドゥ_(ゲーム)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ザナドゥ_(ゲーム)の意味・解説 

ザナドゥ (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/24 14:24 UTC 版)

ザナドゥ』 (XANADU -Dragon Slayer II-) は、1985年日本ファルコムが発売したアクションロールプレイングゲーム木屋善夫プロデュース『ドラゴンスレイヤーシリーズ』の第2作目であり、8ビットパソコン向けに数多く発売された。




  1. ^ 既存のヌルいRPGなんてやってらんねー, ITmedia +D Games, 2005/10/25: "「XANADU」. 今や、“パソコン”といえばPC ... そんな偉大なるタイトル「XANADU」のPC-8801mkIISR版が発売されたのが、1985年の10月27日。"
  2. ^ 既存のヌルいRPGなんてやってらんねー, ITmedia +D Games, 2005/10/25: "「XANADU」. 今や、“パソコン”といえばPC ... そんな偉大なるタイトル「XANADU」のPC-8801mkIISR版が発売されたのが、1985年の10月27日。"
  3. ^ 日本ファルコム (2005年). “ザナドゥの歴史”. 2008年12月16日閲覧。
  4. ^ 4Gamer.net (2005年11月4日). “「ザナドゥ・ネクスト」- レビュー”. 2008年12月16日閲覧。
  5. ^ http://togetter.com/li/229082
  6. ^ a b (ゲームの諸元全般についての基礎資料)山下 (1987) p.205
  7. ^ 機種ごとの発売日は現版時点では不明。
  8. ^ 山下 (1987) pp.208-209
  9. ^ 山下 (1987) pp.208-211
  10. ^ 山下 (1987) p.212
  11. ^ 山下 (1987) pp.218-219 によれば、+-3レベル移動するケイブもある。
  12. ^ 山下 (1987) p.272によれば「前作より数倍難しい」との触れ込みであったとのこと。レベル11などは「この世のものとも思えないくらい究極の難解さ」であるという。
  13. ^ 山下 (1987) pp.256-257
  14. ^ 山下 (1987) pp.238-239
  15. ^ 山下 (1987) p.246
  16. ^ 山下 (1987) pp.208-211,pp.237-238
  17. ^ EGG版には前作のディスクAが同梱されているため、前作を持っていなくてもプレイすることが可能。
  18. ^ Falcom Cronicle p.357に「シナリオ2の出来事は正史として語られていないようだ」と記載されている。
  19. ^ 対象端末はW41K,W32S,W32SA,W32H,W31T,W31SA,W31S,W31K,W31CA,W22SA,W22H,W21SA,W21K,PENCKと発表された。
  20. ^ https://togetter.com/li/1267625
  21. ^ http://crusherfactory.net/~pmoon/mt/000816.html
  22. ^ http://www5d.biglobe.ne.jp/~t-suzuki/vol.12/gma_08.htm
  23. ^ http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=88697
  24. ^ ファルコム公式ホームページより[1]




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ザナドゥ_(ゲーム)」の関連用語

ザナドゥ_(ゲーム)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ザナドゥ_(ゲーム)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのザナドゥ (ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS