ヱとは?

[終助]⇒え[終助]


五十音図ワ行の第4の仮名。現在は、五十音図ア行第4の仮名ならびに五十音図ヤ行第4の仮名)「え」と発音上の区別がなく、現代仮名遣いではこの仮名用いられない。しかし、歴史的仮名遣いでは「え」と区別して用いる。

平仮名「ゑ」は「惠」の草体から。片仮名「ヱ」も「惠」の草体ら変したものかという。

[補説] 「ゑ」は、古くは[we]の音で、「え」(発音[e]、あるいは[e]と[je])と発音上も区別があったが、のち、両者は同じ音となり、中世末期には[je]、近世以降は[e]となった。


え【え・エ・ゑ・ヱ】

1 【え・エ】五十音図第一第四段(ア行エ段)と第八第四段(ヤ行エ段)とにおかれ、五十音順では第四位のかな。いろは順では第三十四位で、「こ」の次「て」の前に位置する。定家かなづかいの流では、「ゑ」を「奥のゑ」と呼ぶのに対して中のえ」と呼んでいる。現代標準語音韻では、五母音一つ、e にあたる。前舌中開き平唇母音現代かなづかいでは、助詞の e は「え」でなく「へ」と書くのを本則とする。小文字で「つぇ」「ふぇ」のように方言音、外来語音を表わすことがある。「え」の字形は、「衣」の草体から出たもの、「エ」の字形は「江」の右部三画をとったものであるローマ字では e を当てる

2 【ゑ・ヱ】五十音図第十第四段(ワ行エ段)におかれ、五十音順第四十六位(同字重複を除いて)のかな。いろは順では第四十三位で、「し」の次「ひ」の前に位置する。定家かなづかいの流では、「奥のゑ」と呼んでいる。現代標準語音韻では、「え」と同じく e にあたり発音上「え」との間に区別がない。このかなは、現代かなづかいでは用いられない。「ゑ」の字形は、「恵」の草体から出たもの、「ヱ」の字形は、「慧」の中画という見方もあるが、「恵」の草体で、末筆の形を固めたものと思われる


ゑ【ゑ・ヱ】

〔名〕 五十音図第十第四段(ワ行エ段)に置かれ、五十音順第四十六位(同音のかなの重複を含めるとき、第四十九位)のかな。いろは順では第四十三位で、「し」のあと、「ひ」の前に位置する。→え(二)(ゑ・ヱ)


( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 00:16 UTC 版)

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第10行第4段(わ行え段)に位置する。現代では と同じ発音である。ただし、当初の発音は「ウェ」。現代仮名遣いでは「ゑ」は使われず、代わりに「え」と書かれることが多い。


  1. ^ 京都ゑびす神社
  2. ^ 笹原宏之、横山詔一、エリク・ロング 『国立国語研究所プロジェクト選書2 現代日本の異体字 ―漢字環境学序説―』 三省堂、2003年、36頁。



出典:『Wiktionary』 (2021/09/14 03:30 UTC 版)

発音(?)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヱ」の関連用語

ヱのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヱのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゑ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS