続高僧伝とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 続高僧伝の意味・解説 

続高僧伝〈巻第廿八/〉

主名称: 続高僧伝〈巻第廿八/〉
指定番号 708
枝番 00
指定年月日 1944.09.05(昭和19.09.05)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 天平十二五月一日光明皇后御願経)「東大寺印」ノ朱印アリ
員数 1巻
時代区分 奈良
年代 740
検索年代
解説文: 奈良時代作品

続高僧伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/21 03:50 UTC 版)

続高僧伝』(ぞく こうそうでん)とは、慧皎の「高僧伝」に続けて撰せられた中国の高僧の伝記集である。道宣撰、30巻、645年貞観19年)の成立である。






「続高僧伝」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「続高僧伝」の関連用語

続高僧伝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



続高僧伝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの続高僧伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS