湯とは? わかりやすく解説

たん【湯】

⇒とう


とう【湯】

[音]トウタウ)(呉)(漢) タン(唐) [訓]

学習漢字3年

[一]トウ

熱い。ゆ。「湯治温湯銭湯熱湯薬湯浴湯

煎(せん)じ。「葛根湯(かっこんとう)・独参湯(どくじんとう)」

[二]〈ゆ〉「湯気(ゆげ)・湯水産湯(うぶゆ)・重湯(おもゆ)・長湯

難読探湯(くかたち)・白湯(さゆ)・湯麺(タンメン)・微温湯(ぬるまゆ)・湯湯婆(ゆたんぽ)・湯女(ゆな)


とう〔タウ〕【湯】

中国、殷(いん)の湯王のこと。


ゆ【湯】

煮えたたせて熱くしたもの。「やかんで—を沸かす」

入浴するために沸かしたまた、風呂(ふろ)。「—に入る」「—に行く」

温泉。いでゆ。「—の町」

鋳造に用いる、金属を熱して溶かしたもの

船の中にたまったをいう忌み詞。あか。ふなゆ。

煎じ薬薬湯

「帝(みかど)又—を立てさせて進(まゐ)らんとし給ひけるが」〈太平記一二

[下接語] 上がり湯朝湯足湯・熱(あつ)湯・飴(あめ)湯・新(あら)湯・出(い)で湯・炒(い)り湯・内湯・産(うぶ)湯・陸(おか)湯・押し湯男湯・重(おも)湯・女湯・掛かり湯(くず)湯・薬湯・腰湯・骨(こつ)湯・桜湯・白(さ)湯・新(さら)湯・塩湯仕舞い湯・下(しも)湯・生姜(しょうが)湯・菖蒲(しょうぶ)湯・煤(すす)湯・総湯外湯蕎麦(そば)湯・卵湯茶の湯・出(で)湯・留め湯長湯煮え湯微温(ぬるま)湯・微温(ぬる)湯・練り湯初湯麦湯桃湯・貰(もら)い湯・(ゆず)湯・沸かし湯・若湯


湯(たん)

中国料理基礎となるスープ総称
トリガラなどから作られる、一般的なものをマオタンと呼ぶ。これに挽き肉などを加え比較低温素材炊き上げスープをとり、澄んでいるものはチンタン呼ばれる高温で炊いて濁っているものはナンタン動物系からとるものをホウタン野菜系からとるものをスウタンと呼ぶ。
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

読み方:ユ(yu

所在 兵庫県美方郡新温泉町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
たん
とう
ゆう
ゆさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

物質

人名

地名

関連項目



出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 10:43 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 温度の高い
  2. 語義1より)風呂ふろ。特に銭湯
    • 船、浴み

関連語

語義

語義

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「湯」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「湯」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

湯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



湯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2022 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの湯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS