重湯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > > 重湯の意味・解説 

おも ゆ [0] 【重湯】

水分多くして炊()いた粥(かゆの上澄みの液。病人幼児などに食べさせる。

重湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/25 10:11 UTC 版)

重湯(おもゆ)は伝統的な流動食の一種で、多量の水分を加えてよく煮た薄いの上澄み液のことをいう。通常は白米にその10倍前後の水を加えて長時間煮た粥をガーゼなどの薄布で漉して飯粒を除き、を加えて薄い塩味をつけて味を調える。日本では重湯は古くから病人食や離乳食などに用いられてきた。重湯の主成分は水分と状のデンプンであり、消化がとても良く水分と糖分を効率良く補給できるという点で病人乳児の流動食として理に適った食品といえる。


  1. ^ 梅村友美 (渓仁会 札幌西円山病院)など (2011年). “嚥下障害を持つ患者へ新重湯ゼリーへの取り組み (PDF)”. 日本慢性期医療学会大会抄録集 資料 19th. p. 306. 2013年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月1日閲覧。


「重湯」の続きの解説一覧



重湯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「重湯」の関連用語

重湯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



重湯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重湯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS