ドゥブロヴニクとは?

ドゥブロブニク【Dubrovnik】

クロアチア最南部のアドリア海に面した都市13世紀自治都市となり、1516世紀最盛期迎えた。堅固な城壁に囲まれた旧市街には、後期ゴシックルネサンス両様式を取り入れ歴史的建造物多く残されており、「アドリア海真珠」と称えられる。内戦多く文化財破壊されたが、市民の手によって忠実復元された。総督邸大聖堂のある旧市街は、1979年世界遺産文化遺産)に登録された。ドブロブニク

ドゥブロブニクの画像
撮影・brownpau http://goo.gl/3r9nS

ドゥブロヴニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 14:06 UTC 版)

ドゥブロヴニククロアチア語: Dubrovnikイタリア語: Ragusaラテン語: Ragusium)は、クロアチアアドリア海沿岸のダルマチア最南部に位置する都市及び基礎自治体で、ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の郡都である。日本語でドブロブニクドブロヴニクとも表記される[2][3]ボスニア・ヘルツェゴビナの唯一の海港であるネウムが回廊状態で分断しているため、クロアチア本土とは陸続きではない(→飛び地)。




  1. ^ [1]
  2. ^ クロアチア” (日本語). 世界の医療事情. 外務省. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ ドブロヴニク” (日本語). 東欧・中欧観光ガイド. 阪急交通社. 2017年9月18日閲覧。
  4. ^ ジブリ映画『紅の豚』の舞台とも言われる美しいリゾート地。”. VOGUE (2017年8月9日). 2018年3月11日閲覧。
  5. ^ [2]
  6. ^ Researches on the Danube and the Adriatic by Andrew Archibald Paton (1861). Contributions to the Modern History of Hungary and Transylvania, Dalmatia and Croatia, Servia and Bulgaria-Brockhaus Chapter 9. page 218
  7. ^ Naklada Naprijed, The Croatian Adriatic Tourist Guide, pg. 354, Zagreb (199), ISBN 953-178-097-8
  8. ^ Earthquake Monitoring and Seismic Hazard Mitigation in Balkan Countries by Eystein Sverre Husebye
  9. ^ Dalmatia and Montenegro: Volume 2 by Sir John Gardner Wilkinson
  10. ^ Nakon ulaska partizana u Dubrovnik u listopadu 1944.: Partizani pogubili hrvatske antifašiste | Izdvojeno | Glas Koncila”. Glas-koncila.hr. 2008年11月11日閲覧。
  11. ^ a b Srđa Pavlović. “Pavlovic: The Siege of Dubrovnik”. Yorku.ca. 2010年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月11日閲覧。
  12. ^ Joseph Pearson, 'Dubrovnik’s Artistic Patrimony, and its Role in War Reporting (1991)' in European History Quarterly, Vol. 40, No. 2, 197-216 (2010). [3]
  13. ^ (クロアチア語) Jezik, lingvistika i politika: Ilirski iliti slovinki jezik(2003年8月20日時点のアーカイブ
  14. ^ (イタリア語) Marzio, Scaglioni (1996年). “La presenza italiana in Dalmazia, 1866-1943”. Tesi di Laurea. Facoltà di Scienze politiche - Università degli studi di Milano. 2010年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月17日閲覧。
  15. ^ Transportation Rail”. Dubrovnik Online. 2009年6月20日閲覧。
  16. ^ Croatia to build a corridor through BiH instead of Pelješac Bridge New Europe 2012-05-12
  17. ^ Weather Information for Dubrovnik
  18. ^ Dubrovnik Weather Averages
  19. ^ Dubrovnik news
  20. ^ Croatian National Bank. Features of Kuna Banknotes Archived 2009年5月6日, at the Wayback Machine.: 50 kuna Archived 2011年6月4日, at the Wayback Machine. (1993 issue) & 50 kuna Archived 2011年6月4日, at the Wayback Machine. (2002 issue). – Retrieved on 30 March 2009.
  21. ^ Oliver, Jeanne. “Dubrovnik Sights”. Croatia Traveller. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  22. ^ Sponza Palace”. DubrovnikCity.com. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  23. ^ The Rector's Palace”. DubrovnikCity.com. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  24. ^ Franciscan monastery”. Dubrovnik Guide. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  25. ^ Franciscan Friary, Dubrovnik”. Sacred Destinations. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  26. ^ Church of St. Blaise, Dubrovnik”. Sacred Destinations. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  27. ^ Monuments (16 to 20)”. Dubrovnik Online. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  28. ^ Dominican Friary, Dubrovnik”. Sacred Destinations. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  29. ^ Oliver, Jeanne. “Dominican Monastery”. Croatia Traveller. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  30. ^ Monuments (21 To 22)”. Dubrovnik Online. 2010年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  31. ^ 田中一生「世界遺産の中世都市」/ 柴宣弘編著『バルカンを知るための65章』明石書店 2005年 104ページ
  32. ^ 中島智章『世界で一番美しい天井装飾』エクスナレッジ、2015年、35頁。ISBN 978-4-7678-2002-6






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドゥブロヴニク」の関連用語

ドゥブロヴニクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドゥブロヴニクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドゥブロヴニク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS