飛鳥会事件とは?

飛鳥会事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/08 06:54 UTC 版)

飛鳥会事件(あすかかいじけん)とは2006年部落解放同盟の支部長を兼任する財団法人飛鳥会理事長が業務上横領詐欺大阪府警逮捕された事件。


  1. ^ a b 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.59
  2. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.36
  3. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.37
  4. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.33によると、幹部ではなく下っ端だったという。
  5. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.232
  6. ^ 『同和と銀行』p.22
  7. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.59
  8. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.124
  9. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.196
  10. ^ 朝日新聞2007年1月24日
  11. ^ a b 部落解放運動─信頼の再構築と再生にむけて 「飛鳥会等事件」の総括と部落解放同盟大阪府連見解 2006年9月9日 解放新聞大阪版1659号(2006年9月18日)より
  12. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.207
  13. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.209
  14. ^ a b c 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.209-210
  15. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.211
  16. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.212
  17. ^ a b 灘本昌久「部落解放の新しい道」
  18. ^ a b c 週刊ポスト2007年11月30日、p.29。
  19. ^ 『月刊中央ジャーナル』「大阪・八尾市の同和利権のドン丸尾勇逮捕の波紋」(2006年9月号)
  20. ^ 『同和と銀行』p.31
  21. ^ 『同和と銀行』p.33
  22. ^ 『同和と銀行』p.21
  23. ^ 『同和と銀行』p.33
  24. ^ 『同和と銀行』p.265-266
  25. ^ 『同和と銀行』p.91
  26. ^ 『同和と銀行』p.108によると、このマンションの名義人になったことについて小西邦彦は「生島に頼まれたから名前を貸しただけや」と説明していたという。
  27. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.172
  28. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.172-173
  29. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.173-175
  30. ^ a b 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.177
  31. ^ 『同和と銀行』p.79
  32. ^ 『同和と銀行』p.116-119
  33. ^ 『同和と銀行』p.159
  34. ^ 『同和と銀行』p.112-116
  35. ^ 『同和と銀行』p.123-124
  36. ^ 『同和と銀行』p.126-131
  37. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.140
  38. ^ 『同和と銀行』p.262
  39. ^ 『同和と銀行』p.263
  40. ^ a b 読売新聞2006年5月13日
  41. ^ a b 『同和と銀行』p.94
  42. ^ 朝日新聞2006年5月11日
  43. ^ 毎日新聞2006年5月14日
  44. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.149
  45. ^ a b c d 『同和と銀行』p.173-180
  46. ^ a b 『同和と銀行』p.119
  47. ^ a b 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.17-18


「飛鳥会事件」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「飛鳥会事件」の関連用語

飛鳥会事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飛鳥会事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛鳥会事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS