シュリニヴァーサ・ラマヌジャンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 数学者 > 20世紀の数学者 > シュリニヴァーサ・ラマヌジャンの意味・解説 

シュリニヴァーサ・ラマヌジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/21 03:17 UTC 版)

シュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャンSrinivasa Aiyangar Ramanujan1887年12月22日 - 1920年4月26日)は数論を専門とするインド数学者。極めて直感的、天才的な閃きにより「インドの魔術師」の異名を取った。




  1. ^ 「脳のなかの幽霊」V・S・ラマチャンドラン,1999
  2. ^ Kanigel(1991)、pp.55 f。カニーゲル (1994)、pp.59-61。
  3. ^ 藤原(2002)、p. 163。
  4. ^ a b G. H. Hardy (1940), Lecture I
  5. ^ D. A. B. YOUNG, Ramanujan's illness, Current Sci. 67, no. 12 (1994), 967–972
  6. ^ Kanigel(1991)、p. 226。カニーゲル(1994)、p. 221。
  7. ^ ハーディの採点基準では採点外のその他大勢が存在するため、25点や100点というのは「点数を付けるに値する」対象内での評価点となる。ハーディ自身己の業績にかなりの自負を持っているが、それでも25点程度だろうとした上でラマヌジャンを100点と評価している。
  8. ^ a b Clark, Carol (2015-10-14), Mathematicians find 'magic key' to drive Ramanujan's taxi-cab number, Phys, https://phys.org/news/2015-10-mathematicians-magic-key-ramanujan-taxi-cab.html 2017年4月18日閲覧。 
  9. ^ Freiberger, Marianne (2015-11-03), Ramanujan surprises again, Plus, https://plus.maths.org/content/ramanujan 2017年4月21日閲覧。 
  10. ^ Ono, Ken; Trebat-Leder, Sarah (2016-10-17), “The 1729 K3 surface”, Research in Number Theory (Springer), https://resnumtheor.springeropen.com/articles/10.1007/s40993-016-0058-2 2017年4月18日閲覧。 
  11. ^ Ono, Ken; Trebat-Leder, Sarah (2017-02-10), “Erratum to: The 1729 K3 surface”, Research in Number Theory (Springer), https://resnumtheor.springeropen.com/articles/10.1007/s40993-017-0076-8 2017年4月18日閲覧。 
  12. ^ アドルフ・フルヴィッツによって単純化された公式がHardy & Wright (2008, Theorem 235)に掲載されている
  13. ^ Ken Ono and Sarah Trebat-Leder (2016, 2017)


「シュリニヴァーサ・ラマヌジャン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シュリニヴァーサ・ラマヌジャン」の関連用語

シュリニヴァーサ・ラマヌジャンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シュリニヴァーサ・ラマヌジャンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュリニヴァーサ・ラマヌジャン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS