粗面岩とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 砕石用語 > 粗面岩の意味・解説 

粗面岩(trachyte)

主としてアルカリ長石及び有色鉱物の班晶を含む火山岩

本邦での分布小さい。むしろ石英粗面岩呼ばれる酸性火山岩の方が本邦では普遍的で、骨材としても広く利用されている。

粗面岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/13 21:20 UTC 版)

粗面岩(そめんがん、trachyte、トラカイト)は、優白質であるが石英をほとんど含まず、アルカリ長石を主成分とする火山岩深成岩閃長岩に対応する。




「粗面岩」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「粗面岩」の関連用語

粗面岩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



粗面岩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2020 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの粗面岩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS