学徒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 学徒の意味・解説 

がく‐と【学徒】

読み方:がくと

学問研究従事する人研究者

学生生徒

「学徒」に似た言葉

在籍者 (学習者)

(学徒 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/29 17:17 UTC 版)

学習者における在籍者(ざいせきしゃ)は、学校などに在籍しているのことである。


注釈

  1. ^ ここでいう呼称とは、「学校教育法」においての呼称を指す。
  2. ^ 留年飛び級、浪人(過年度生)などを除く
  3. ^ 保育園(保育所)に通う子どもも「保育園児」の略として「園児」と呼ばれることがある。
  4. ^ 「特別の必要のある場合」(学校教育法第76条第2項また書き)は高等部のみを置くことができる。この特別支援学校は、「高等特別支援学校」「特別支援学校○○高等学園」というふうに呼ばれている。
  5. ^ このうち、学校教育法第83条の2に規定するものを「専門職大学」という。
  6. ^ 学校教育法第141条にて「学群」等を含む。
  7. ^ a b c 表のとおり「短期大学」も大学の一種であり、また「大学院」も学部とともに大学(大学院のみの大学である「大学院大学」を含む)に置かれるものであることから、この意味では短大生や大学院生についても「大学に在籍する学生」であるため「大学生」ということになるが、一般に「大学生」とは大学の学部に在籍する者、すなわち「学部生」においてこのように呼ばれている(「学歴#最終学歴」も参照)。
  8. ^ この下に「研究科」(学校教育法第141条にて「学府」「教育部」等を含む)を置く。「博士課程」「修士課程」などの全課程
  9. ^ このうち、学校教育法第99条第2項に規定するものを「専門職大学院」という。
  10. ^ 「教育研究上特別の必要がある場合」(学校教育法第103条)は大学院のみを置くことができる。この大学を「大学院大学」という。
  11. ^ 大学のうち、学校教育法第108条第1~3項に規定するものをいう。またこのうち、同条第4項に規定するものを「専門職短期大学」いう。
  12. ^ 高専5年間のうち1~3学年は高校3年間に相当するが、それでも後期中等教育ではなく高等教育として扱われる。
  13. ^ 大学受験予備校(専修学校一般課程または各種学校)に在籍する者については一般に「予備校生」と呼ばれている。
  14. ^ a b ただし、高等専門学校には別科を設置できない。また、大学院は短期大学を除く大学に置かれるものであり、大学院の別科・専攻科というものはない。
  15. ^ 同条では、「当該大学の学生以外の者」と規定されている。
  16. ^ ただし、正式な身分は国家公務員である。「大学校#入学対象者別の分類」を参照。

出典

  1. ^ 「学生称呼の起源」 『東京帝国大学五十年史』東京帝国大学、1932年、483-484頁。NDLJP:1453584/295 
  2. ^ 法令用語研究会(『有斐閣 法律用語辞典 第3版』、有斐閣、2006年、ISBN 4-641-00025-5)「児童」の項目
  3. ^ a b 法令用語研究会(『有斐閣 法律用語辞典 第3版』、有斐閣、2006年、ISBN 4-641-00025-5)「生徒」の項目
  4. ^ a b 法令用語研究会(『有斐閣 法律用語辞典 第3版』、有斐閣、2006年、ISBN 4-641-00025-5)「学生」の項目
  5. ^ 学校教育法第126条より。
  6. ^ 学校教育法第126条第2項より。
  7. ^ 大学等の履修証明制度について(文部科学省)
  8. ^ 木村晋介中野麻美島村麻里『二十歳の法律ガイド 第4版』(有斐閣、2001年、ISBN 9784641027602)166頁。


「在籍者 (学習者)」の続きの解説一覧

学徒 (Student)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 02:53 UTC 版)

銀の星」の記事における「学徒 (Student)」の解説

「学徒」の課題は、指定された複数書物読破し、そこに表現されているあらゆる学識体系について一般的な知的理解を得ることである。一定期間経過後、「学徒」はテキスト持ち込み可の試験を受け、その後歴史講義文書(『61の書』、G∴D∴の崩壊A∴A∴発足の経緯記した書)の読書に伴う小儀式を修了し、「仮入会者」の位階に進む。

※この「学徒 (Student)」の解説は、「銀の星」の解説の一部です。
「学徒 (Student)」を含む「銀の星」の記事については、「銀の星」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学徒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

学徒

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 08:26 UTC 版)

名詞

 がくと

  1. 学問研究従事する人。
  2. 学生生徒

発音(?)

が↘くと

「学徒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学徒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学徒」の関連用語

学徒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学徒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの在籍者 (学習者) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの銀の星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの学徒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS