石蕗とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 石蕗の意味・解説 

つわ ぶき つは- [2] 橐吾石蕗

キク科常緑多年草暖地海岸付近に自生また、観賞用に庭に植えられる。根生し、長い柄があり、腎臓形で質厚く光沢がある。初冬花茎立て、一〇個内外黄色頭花をつける。民間解毒排膿などの薬用とし、葉柄食用とする。つわ。款冬かんとう)。 石蕗(つわ)の花[季]

石蕗

読み方:ツワブキ(tsuwabuki)

キク科常緑多年草


つわぶき(石蕗)

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

わが国本州石川福島県以南から四国九州、それに朝鮮半島中国分布しています。海岸近く生え長い柄のある腎円形束生します。に艶(つや)があることから「つやぶき」、転じてつわぶき」になったといいます。10月から12月ごろ、黄色頭花を咲かせます。観賞用のほか、食用にまた根茎民間薬として利用されます。斑入り品種あります
キク科ツワブキ属の常緑多年草で、学名Farfugium japonicum。英名は Japanese silver leaf
キクのほかの用語一覧
ダリア:  ダリア  木立ダリア
ツワブキ:  大石蕗  石蕗
テンニンギク:  大天人菊  天人菊
トウヒレン:  裏銀平江帯

石蕗

読み方:ツワブキ(tsuwabuki)

キク科常緑多年草園芸植物薬用植物

学名 Farfugium japonicum


石蕗

読み方:ツワブキ(tsuwabuki)

暖地海岸などに自生するキク科常緑多年草

季節

分類 植物


石蕗

読み方:ツワブキ(tsuwabuki)

作者 阿部みどり女

初出 昭和57年

ジャンル 句集


石蕗

読み方:ツワブキ(tsuwabuki)

作者 武者小路実篤

初出 昭和32年

ジャンル 随筆


ツワブキ

(石蕗 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/22 09:26 UTC 版)

ツワブキ(石蕗、艶蕗、学名Farfugium japonicum (L.) Kitam.[1]シノニムFarfugium tussilagineumLigularia tussilaginea )は、キク科ツワブキ属に属する常緑多年草である。海岸近くの岩場などに生え、初冬に黄色い花を咲かせる。葉柄は食用になる。観賞用に庭園に植えられることもある。


  1. ^ a b 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants 和名-学名インデックス(YList) ツワブキ”. 2015年10月10日閲覧。
  2. ^ a b 奥野哉 2017, p. 11.
  3. ^ a b 奥野哉 2017, pp. 10, 16.
  4. ^ 奥野哉 2017, pp. 11, 16.
  5. ^ Farfugium japonicum (L.) Kitam. "USDA, ARS, National Genetic Resources Program. Germplasm Resources Information Network - (GRIN) [Online Database]. National Germplasm Resources Laboratory, Beltsville, Maryland. 2013年8月21日閲覧。
  6. ^ 多和田真淳監修・池原直樹著 『沖縄植物野外活用図鑑 第5巻 低地の植物』 新星図書出版、1979年、180-181頁。
  7. ^ a b c d e 大嶋敏昭監修 2002, p. 281.
  8. ^ a b c d e f g h i 貝津好孝 1995, p. 103.
  9. ^ "ツワブキとは│ヤサシイエンゲイ".(京都けえ園芸企画舎). 2015年12月8日閲覧
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤 1996, p. 76.
  11. ^ a b c d e 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著 2010, p. 21.
  12. ^ 奥野哉 2017, pp. 181 - 182.
  13. ^ 南伊勢町. “ふれあい味体験「郷土の味ふるさとレシピ」ツワブキの押し寿司” (日本語). 南伊勢町. 2016年1月4日閲覧。
  14. ^ 郷土ものがたり. “つわずし” (日本語). 郷土ものがたり. 2016年1月4日閲覧。
  15. ^ I Hirono.(廣野 巖) Edible Plants Containing Naturally Occurring Carcinogens in Japan. Jpn J Cancer Res. 1993 Oct;84(10):997-1006.PMID: 8226284 PMC5919061
  16. ^ a b 奥野哉 2017, p. 9.
  17. ^ 奥野哉 2017, p. 18.
  18. ^ 土屋誠・宮城康一編 『南の島の自然観察』 東海大学出版会、1991年、ISBN 4-486-01159-7
  19. ^ 鹿児島県環境生活部環境保護課編 『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物-鹿児島県レッドデータブック植物編-』 財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、339頁、ISBN 4-9901588-1-4
  20. ^ "日本のレッドデータ検索システム「リュウキュウツワブキ」". (エンビジョン環境保全事務局). 2013年8月21日閲覧。
  21. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants 和名-学名インデックス(YList) オオツワブキ”. 2015年10月10日閲覧。
  22. ^ a b c d 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎 他 『日本の野生植物 草本III合弁花類』 平凡社、1999年、新装版第1刷、ISBN 4-582-53503-8、p. 185
  23. ^ a b 張聖顯、「台灣山菊之栽培與利用」『花蓮區農業專訊』第66期、2008年、花蓮、花蓮區農業改良場。[1]


「ツワブキ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石蕗」の関連用語

石蕗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石蕗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツワブキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS