つわぶきとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > つわぶきの意味・解説 

つわ つは [1] 【〈 橐吾〉】

植物ツワブキの別名。

つわ ぶき つは- [2] 【〈 橐吾〉・〈石蕗〉】

キク科常緑多年草暖地海岸付近に自生また、観賞用に庭に植えられる。根生し、長い柄があり、腎臓形で質厚く光沢がある。初冬花茎立て、一〇個内外黄色頭花をつける。民間解毒排膿などの薬用とし、葉柄食用とする。つわ。款冬かんとう)。 〔「石蕗つわ)の花」は [季] 冬〕

つわぶき(石蕗)

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

Farfugium japonicum

わが国本州石川福島県以南から四国九州、それに朝鮮半島中国分布しています。海岸近く生え長い柄のある腎円形束生します。に艶(つや)があることから「つやぶき」、転じて「つわぶき」になったといいます。10月から12月ごろ、黄色頭花を咲かせます。観賞用のほか、食用にまた根茎民間薬として利用されます。斑入り品種あります
キク科ツワブキ属の常緑多年草で、学名Farfugium japonicum。英名は Japanese silver leaf
キクのほかの用語一覧
ダリア:  ダリア  木立ダリア
ツワブキ:  大石蕗  石蕗
テンニンギク:  大天人菊  天人菊
トウヒレン:  裏銀平江帯


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つわぶき」の関連用語

つわぶきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つわぶきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)

©2020 Weblio RSS