段波とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 段波の意味・解説 

段波

読み方:だんぱ
別名:ボア
英語:bore

水位の高さが異な非連続の段のような差が生じ、段の低い側へなだれ込むようにして押し寄せる現象水面段差により生じる波。

段波が海洋上で大規模発生した場合大量海水移動して陸地溢れ事態を招くことがある。この場合現象としては「津波」によく似る。段波は単に波形を示す語であり、津波海底面の変動により生じた大規模な波を指す語であって対象重複し得るが必ずしも一致しない。

段波は潮汐気象現象地形などの要因による発生することがある河川において水門決壊した場合水面の高さに差があれば段波が発生する。 アマゾン川発生する流水遡上現象ポロロッカ」は、潮汐起因する段波である。

2013年11月フィリピン大規模台風上陸し、レイテ島沿岸部などに壊滅的といえる被害をもたらした。11月18日NHK報道によればレイテ島沿岸部海域では、台風強烈な風と台風通過直後吹き返しの風によって段波が発生し、津波のようになって沿岸部を襲った可能性があるという。

関連サイト
フィリピン 「段波」で被害拡大か - NHKニュース 2013年11月18日

ボア

段波 bore

浅水水の壁が進んで行く形の波で、段波とも呼ばれる。ボアは2つの異なった水位を持つ水面をつなぐものであるが、必ず低水位側に伝播する。進行速度前・後面の深さに対応する長波速度よりも速く一種衝撃波である。ボアを挟んで体積運動量保存されるが、エネルギー保存されず、強いボアでは波面砕波を伴う。弱いボアでは波の背面幾つかの短波長の波を伴いそのようなボアをアンド・ラー・ボアと呼ぶ。満ち潮に際して潮汐によって起こされるものをタイダル・ボアと言う

段波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/19 14:54 UTC 版)

段波(だんぱ、英語: bore)は、切り立ったの壁が進行する形態のである[1][2]


  1. ^ だん‐ぱ【段波】”. デジタル大辞泉. 小学館. 2018年7月19日閲覧。
  2. ^ ボア”. 海の事典. 財団法人日本水路協会海洋情報研究センター. 2018年7月19日閲覧。
  3. ^ a b 段波(だんぱ)という言葉を聞きました。どういう現象ですか?”. 日本放送協会. 2018年7月19日閲覧。
  4. ^ a b 「洪水段波」で氾濫域2.5倍 たまった土砂・流木の決壊起因 九大研究班が朝倉の4河川で確認”. 西日本新聞 (2018年6月28日). 2018年7月19日閲覧。


「段波」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「段波」の関連用語

段波のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



段波のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2019 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの段波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS