国内旅行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 旅行 > 旅行 > 国内旅行の意味・解説 

旅行

(国内旅行 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/04 10:25 UTC 版)

旅行りょこうトラベル、: travel)とは、見物・保養・調査などのため、居所を離れてよその土地へ行くこと[1]たびとも。


注釈

  1. ^ (演劇、芸能などの)仕事のために遠方の地を転々とすることも旅と呼ぶ(「旅回り」とも)
  2. ^ 日本の初期の鉄道の多くが社寺参拝のために作られた(高野山へ行く南海成田山へ行く京成高尾山へ行く京王 等)。
  3. ^ 基本的にSFに留まるが、地底旅行という物語・概念もある。
  4. ^ ここは <<目的地>> の話だから、目的の詳細の話は不要では? もしも仮にするのなら、目的の節をこことは別に設けて説明したほうがよいが、基本的にそもそもこのような説明は不要なはず。 目的の話をし始めるときりが無いが、たとえば帰省旅行では親・祖父母・親類や地元の友人と会う。 たとえば商用(ビジネス)目的の旅では、目的地で仕事を行うことになる。研修旅行では、目的地で研修を行うことになる。社員旅行では社員同士の交流を深める。レジャーの旅では各人の好みで様々な活動をすることになり、例えば、自然を楽しんだり、温泉で身体を癒したり、のんびりと宿で(長期)滞在したり、文化財を楽しんだり、観光を楽しんだり、土地の産物の買い物をしたりする。
  5. ^ クルアーンの記載を根拠に、毎年ハッジの月(巡礼月)には数百万人のイスラーム教徒がメッカのモスクへの旅ハッジを行う。
  6. ^ 自転車旅行をする人や、オートバイ・ツーリングをする人はしばしばこうした場所を目的地に設定する。オートバイ雑誌や自転車雑誌のツーリング特集号などでもしばしば言及されている。

出典

  1. ^ 旅行(リョコウ)とは - コトバンク 2019年7月1日閲覧
  2. ^ 広辞苑 第六版、p. 12308【旅】
  3. ^ 大辞泉「旅」
  4. ^ 「なぜ米国人は海外旅行に行きたがらない?」CNN、2011年2月7日
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 世界大百科事典、vol7. 【旅】-【日本】新城常三 担当
  6. ^ 「豆の葉と太陽」『柳田國男全集〈12〉』筑摩書房、1998/02, p.267, ISBN 978-4480750723
  7. ^ 小島道裕 「 中世後期の旅と消費 : 『永禄六年北国下り遣足帳』の支出と場」 『国立歴史民俗博物館研究報告』113 国立歴史民俗博物館、2004年、117・131頁 doi:10.15024/00001233
  8. ^ アーネスト・サトウ『一外交官の見た明治維新(上)』坂田精一訳、岩波書店(岩波文庫)1990年、260頁
  9. ^ 明治時代〜戦前の修学旅行の意義 (Report). 全国修学旅行研究協会. http://shugakuryoko.com/museum/rekishi/museum4000-02.pdf 2020年3月15日閲覧。. 
  10. ^ 決戦に備えて旅行を大幅制限(昭和19年3月15日 毎日新聞(東京) 『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p783 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  11. ^ a b [1]


「旅行」の続きの解説一覧

「国内旅行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



国内旅行と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国内旅行」の関連用語

国内旅行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国内旅行のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの旅行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS