日本交通_(東京都)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本交通_(東京都)の意味・解説 

日本交通 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 09:34 UTC 版)

日本交通株式会社(にほんこうつう、英:Nihon Kotsu Co.,Ltd.)は、東京都千代田区紀尾井町に本社を置くハイヤータクシー事業者である。略称は「日交(にっこう)」。関係会社も含めたグループの売上高は同業で日本最大である[1][2]


注釈

  1. ^ 2005年9月30日付で日本交通観光バス株式会社の株式が(株)ジェイ・コーチへ売却されている[5]。その後2012年(株)ジェイ・コーチからに両備ホールディングス(株)に譲渡されている。
  2. ^ a b すばる交通[7]等タクシー事業で当社と業務提携を行っている各社の一部でもハイヤー事業を行っているが、タクシーの予約は日本交通の無線センターで一括して行っているのとは異なり、ハイヤーの予約については各社が直接引き受けている。これはハイヤー事業は提携範囲に含まれないことによる。
  3. ^ 国産車のみである理由は「自社整備による安全性の確保を最重視」するためとしている(なお、ドライバー派遣による自家用車運行引受においては顧客の車両は国産車・輸入車を問わない)[9]
  4. ^ 以前は四社カラー、グレーのワゴン車両も存在した[要出典]
  5. ^ かつて存在した南多摩営業所(現・飛鳥交通多摩の鶴川営業所および稲城営業所)の配置であったため、営業所の移管に伴い日本交通立川からは消滅した。
  6. ^ なお、表記も全般的には四社カラー車に準ずるが、帯の「NIHON KOTSU」は黒タク(当時)と同じフォント、前ドア下の「Yokohama」と後ドア下の「TAXI」(一方帯の前ドアより前側にはない)は筆記体風のフォントとなっている他、車体の下半分を中心に「桜にN」の桜模様の桜吹雪で装飾されている。代わりに四社カラー車の前ドアにある丸囲みのマークはない。行灯も「幸運のタクシー」と同じピンク色のものである。
  7. ^ トミカリミテッドヴィンテージで製品化された[14]
  8. ^ 当初セダンタイプの黒タクは通常通り青色の行灯であった。また、提携事業者の日日交通株式会社が保有しているクラウンロイヤルがジャパンタクシー以外における金色の行灯の初採用車両である。
  9. ^ ゴールド交通(練馬区上石神井にて「GOLD TAXI」表記で運行する事業者)とは関係ない。
  10. ^ なお、日生交通や飛鳥交通等一部のグループ会社の所有するNV200バネットはオールペンにより通常と同じレモンイエローに塗装されている(なお同様の車両は日本交通以外の四社グループにも存在する)。
  11. ^ 旧制服では女性用のみベストがあった
  12. ^ 観光バス部門は6月より[要出典]
  13. ^ 男性用は二つボタン、女性用は三つボタン[要出典]
  14. ^ 当初はタクシーのみセピア色[要出典]
  15. ^ 1954年10月からは清潔感を与えるために四季を通じてつけるようになった[要出典]
  16. ^ 「ハイ・サービス日本300選」とは、イノベーションや生産性向上に役立つ先進的な取り組み(ベストプラクティス)を行っている企業・団体を表彰・公表することで、企業・団体の一層の取り組みを喚起し、優良事例を広く普及・共有することで、サービス産業全体のイノベーションや生産性向上を促進することを目的として、サービス産業生産性協議会が主催するものである。日本交通の黒タク及び専用乗り場について、長年にわたるハイヤーとタクシー事業の実績から自らの強みを見直し、台数増とともにサービスがコモディティー化してきたタクシー業界の中で、トップセグメントを相手にした事業へのシフトを図り、外部機関の協力を受けてマニュアル作成など人材育成に努めている点に他社にはない強みがあると評価されての受賞である。
  17. ^ トンボ自動車での同居営業[要出典]
  18. ^ 現在の大和自動車交通株式会社とは無関係。
  19. ^ a b 横田基地の横田は北多摩郡横田村(現:武蔵村山市)に由来する。
  20. ^ 業界初のアイディアで、その後全車に普及[要出典]
  21. ^ 本社は小田原市にある、1946年7月設立の休眠会社。1950年10月に買収[要出典]
  22. ^ 1948年5月設立の後楽園資本で、東急から観光バス事業を承継[要出典]
  23. ^ 発行株式の5割超[要出典]
  24. ^ 1950年8月設立、本社・埼玉県大宮市(現:さいたま市[要出典]
  25. ^ ブルーとグレーの二色[要出典]
  26. ^ 1952年12月、埼玉タクシーを改称[要出典]
  27. ^ 1962年に事業形態を変更し、日本交通観光株式会社として旅行業を営業開始する[要出典]
  28. ^ 当初はカペラその後はカスタムキャブクルーコンフォート[要出典]
  29. ^ これと引き換わる形でハイグレードタクシー仕様による「黒タク」を営業開始[要出典]
  30. ^ 本社・北区赤羽。現在の赤羽営業所とは無関係[要出典]
  31. ^ 多摩日交から商号変更[要出典]
  32. ^ 本格稼働は7月から[要出典]
  33. ^ 実際の営業開始は2010年5月10日から[要出典]
  34. ^ 東洋交通と同一住所
  35. ^ 当初は全車両黒塗り[要出典]
  36. ^ 日本交通グループの約7,000名の乗務員から選抜され専門知識を学んだ精鋭乗務員(エキスパート・ドライバー)が送迎を行うサービス。タクシーに時間制運賃を適用し、乗務員を数人で固定するのが特長。観光タクシー、ケアタクシー[要出典]、キッズタクシー[35]の3部門がある。
  37. ^ 大阪には地元の大手である同名の会社が存在している(日本交通(大阪))。
  38. ^ a b 恵豊自動車交通が日本交通に業務提携のため脱退した時点でEM自交無線(当時)は事実上梅田交通グループおよびイースタンモータースグループの自社無線となっていた。2011年8月にEM無線に名前を復している。
  39. ^ 会社自体は引き続き梅田交通グループおよびイースタンモータースグループに所属[41]
  40. ^ ただし移転後も本体の分社の登記上の所在地やタクシーの研修施設等は浮間の旧本社に残留している。
  41. ^ 2019年10月にベイサイドホールディングス (初代) は千葉県の檪山交通・すみれタクシーおよび茨城県内の布川交通をベイサイドホールディングス (2代) 傘下として分割。松崎交通と同進交通を残す同グループはシーサイドホールディングスとして改称。2020年1月にシーサイドホールディングスは千葉市美浜区中瀬から成田市東和泉(松崎交通の本社所在地と同一)に移転している。また、ベイサイドホールディングス (2代) 傘下に移った各社は2020年8月頃より松崎交通のロゴ(mk)からベイサイドホールディングスのロゴ(BSH)に変更されている。なお、同進交通のかつての子会社に開進交通(東京無線所属)があるが日本交通がシーサイドホールディングスを取得した時点ですでに傘下ではなくなっている。また、布川交通は2021年3月に同進交通跡地に再進出している。
  42. ^ 法人番号指定日が同一であることから法人格自体は従前より分割されていたことがわかる。なお、後者のサイトに掲げられているロゴはかつて業務提携時代に導入した車両のリアウインドウに張り付けられたステッカーで見ることができた。
  43. ^ 同グループは同日現在かつて日本交通が保有していた観光バス事業を保有している。
  44. ^ かつてイースタンモータースグループで、全日空を経て両備グループ入り。
  45. ^ 主な例として、飛鳥交通グループが加盟していた東京無線から日本交通との提携に切り替える際、車両の塗装変更等の仕様変更の際にその台数の多さから飛鳥交通の系列工場(関東メカニック)だけでは追い付かず、日本交通の本体や東洋交通等の整備工場も動員されたことがある。
  46. ^ ワイエム交通時代の2021年12月初頭まで「NIHON KOTSU GROUP」のみで社名表記が省略されていた。
  47. ^ 旧・互助交通 (初代) 本社営業所→ワイエム交通錦糸町営業所 および
    旧・互助交通 (初代) 南砂営業所→ワイエム交通南砂営業所→互助交通 (2代) 南砂営業所
  48. ^ 旧・東武興業安全タクシー(東武鉄道グループ)→東洋交通練馬営業所
  49. ^ 旧・東武金龍自動車(東武鉄道グループ)→金龍自動車交通(東武鉄道・朝日自動車グループ)の日交足立と葛飾区西水元にあった美輝タクシーが合併して発足。
  50. ^ 日本交通枝川営業所時代は「NIHON KOTSU」のみであったが、グループ車の「NIHON KOTSU GROUP」の「GROUP」を除去したような表記となっていた(日本交通直営営業所所属車の表記とは異なる)。
  51. ^ 日本交通HP内の関係会社一覧では括弧書きで「ハロートーキョー(日本交通枝川営業所)」と表現していた。実空車表示器および乗務員証の社名表記は「日本交通株式会社」となっていた。新法人は旧法人や旧々法人と異なり社名から中黒がなくなっている。
  52. ^ 観光バスのYM交通とは関係ない。
  53. ^ 東京四社のグループ会社で唯一社名表記に小文字を含む。
  54. ^ 八王子市のキャピタル交通はチケット提携のみ。同グループで井草営業所に同居するISエージェンシーは独自営業(行灯は八王子と同じ物を使用)。
  55. ^ 同グループの他の営業所は提携せず(チケット提携のみ)。また、荒川区に本社のある三和交通(国際自動車提携)・名古屋市の三和交通・兵庫県の三和交通などとはそれぞれ関係ない。
  56. ^ 佐賀県同名の事業者とは関係はない。
  57. ^ 元・(京王交通第三→飛鳥交通第三→飛鳥交通多摩)小金井営業所→飛鳥交通多摩国立営業所
  58. ^ 京浜交通(神奈川県川崎市幸区小倉・横浜市鶴見区小野町)および京浜キャブシステム(世田谷区尾山台)の2社のグループ。日本交通との提携前の京浜ハイヤーの車両には京浜交通グループと同じKhinロゴが入っていた。
  59. ^ 日本交通横浜の子会社(日本交通の孫会社)。
  60. ^ 本社営業所(および日本交通葛西営業所の前身である同進交通)はタクシーとハイヤーの両方が在籍する営業所である。
  61. ^ 行灯の表記が「■Manzakikotsu」(■は松崎交通のロゴ、2022年6月頃より一時的に前側が「MANZAKI」で後側が「松崎」の同形状の行灯に暫定的に換装)、車体の表記もロゴの下に「松崎交通」(同時期より「MANZAKI」または「MANZAKI KOTSU」に書き換え)と書いてあるのみであった(成田国際空港常時待機車は「成田国際空港タクシー」および「AIRPORT TAXI」の下に「松崎交通」。前述同様の書き換え)。ハイヤーは松崎交通のロゴのみ。
  62. ^ 法人番号2020001015596、登録上は日本交通株式会社である。登録されている住所上は歯科医院が入る物件の一室にあたる。
  63. ^ いわゆる戦時統合による成立[要出典]
  64. ^ 京成が主導して統合・設立されたのが帝都タクシー(現在の帝都自動車交通)である。
  65. ^ 当時の重役間の内紛から労組幹部と結びついた東急系重役が川鍋の排斥運動を激しく展開し、川鍋の脱税行為を国税庁に密告するほどの抗争劇であった[要出典]
  66. ^ 周囲からは小佐野賢治大川博とともに「五島門下生」と並び称されるほどであった[要出典]
  67. ^ ランプ色は日本交通・大和は白、帝都・国際は緑[要出典]
  68. ^ それまでは、日本交通と日交総本社の二社が東急グループに名を連ねおり、東急が日交の株式1割を保有し、役員も1名派遣していた[要出典]
  69. ^ 東京四社営業委員会とチケットの提携は行っている[62]
  70. ^ ただし、タクシーチケットの提携は行っている。この提携も個別の提携ではなく東京四社としての提携である[要出典]
  71. ^ 川鍋が五島慶太に実際に面会したのは、統合直後に小山亮元代議士に連れられて五島邸を訪問したのが初めてであることを、自著『流れる銀星』(1951年、文友社発行)で述べているが、それ以降「信仰的なまでの愛情」をもって五島慶太を敬愛していたとのことである。
  72. ^ 横浜市港北区大倉山二丁目
  73. ^ 選択性の強い個別輸送機関たるタクシーは、市民のゲタではなくクツであり、本来大量輸送機関とは扱いを異にされるべきという理論[要出典]
  74. ^ 殊にグリーンクラブにおいては、千葉夷隅ゴルフクラブの(社)日本能率協会主催・サービス優秀賞特別賞受賞(1989年)、日本経営品質賞委員会主催・日本経営品質賞受賞(1997年)、那須黒羽ゴルフクラブの(財)日本科学技術連盟主催・第25回全日本選抜QCサークル大会金賞受賞(1995年)など[要出典]
  75. ^ 旧・共同石油→ジャパンエナジー系。JX日鉱日石に統合されて以来「ENEOS GAS」の看板で営業。アジア石油とアジア商事で系列が分かれたのは共石グループの解体によるもの。経緯についてはコスモ石油とジャパンエナジーの各記事を参照。
  76. ^ その名残で、現在もアジア商事のLPガススタンド(大曲スタンド:東京都新宿区新小川町)で日交のタクシー等の燃料充填が行われている。[要出典]
  77. ^ 2005年に関東礦油エネルギーに統合され2010年にリーフエナジーとなった後、2021年にエスアイエナジーを合併して出光エナジーソリューションズとなった。
  78. ^ 同社は今日見られるようなガソリンスタンドを1918年に設置しており、ガソリンスタンドの草分け的存在である[要出典]
  79. ^ 日交USA(ハワイ、カリフォルニアにおける不動産開発・賃貸事業)が1996年10月に開業させたもの。プロゴルファーのフレッド・カプルスが設計した[要出典]
  80. ^ 進駐軍GI出身でイタリア系アメリカ人のギャング[64]
  81. ^ 同社は1954年に「日本で初めてピザを紹介した店」として知られる[65]
  82. ^ 後年著名な自動車評論家となる小林彰太郎は横浜から溜池までこのモーリス・ミニ・マイナーを陸送している[要出典]
  83. ^ 東京・後楽園と横浜山下町にて営業し、プロ野球阪神タイガースの定宿ともなっていたシティホテル[要出典]
  84. ^ 板橋区前野町で営まれたボウリング場。102レーンあり、「サウナサテライト」を併設していた[要出典]
  85. ^ 小田急電鉄と共同経営。1989年5月に富士重工業へ売却、エースヘリコプターに社名変更の後に2002年解散している[要出典]
  86. ^ 練馬区豊玉南3丁目。土地は売却され、現在はマンション「ルネアクアパークス」に改築[要出典]
  87. ^ 品川区東大井1丁目。同社は自動車教習所業界のパイオニアである名門教習所として知られた。土地は売却され、現在は分譲賃貸マンション「東京ナイル」に改築[要出典]
  88. ^ しかし川鍋秋蔵は「子供の頃から日本交通に親しんでもらえればいい」と考え、逆に会社で100台ほど買いクイズの景品にしたこともあったという[要出典]
  89. ^ ブルーバードは日本交通では、実際には使用されていなかった[要出典]

出典

  1. ^ 日経MJ第36回サービス業調査ハイヤー・タクシー部門
  2. ^ 会社情報|日本交通株式会社”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  3. ^ タクシーの再編が加速 『日本経済新聞』 平成23年6月17日東京夕刊
  4. ^ タクシーなら日本交通 | 東京最大手のタクシー会社” (日本語). 日本交通株式会社 タクシーサービスサイト. 2022年6月25日閲覧。
  5. ^ 『日本交通社史 桜にN 走り続けて80年』(日本交通株式会社 社史編纂プロジェクトチーム、2008年10月発行)参照
  6. ^ 日本交通ハイヤートップ | ハイヤー業界シェアNo.1の日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  7. ^ [1]
  8. ^ 日本交通株式会社|赤坂営業所|採用情報”. 日本交通株式会社 赤坂営業所. 2019年1月21日閲覧。
  9. ^ Q&A | ハイヤー業界シェアNo.1の日本交通”. 日本交通株式会社. 2021年8月13日閲覧。
  10. ^ 車種一覧 | ハイヤー業界シェアNo.1の日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  11. ^ 「東京の景色が変わった!」 なぜ同じ色ばかり?? JPNタクシーだけ「藍色」しか見かけない理由”. ベストカーWeb. 2019年1月21日閲覧。
  12. ^ 日本交通株式会社(@Nihonkotsu_Taxi)さんのツイート: "ホワイトデーなので、ホワイトなやつ。… "”. Twitter. 2019年1月21日閲覧。
  13. ^ a b 2017/5/11”. Facebook(日本交通株式会社). 2019年1月21日閲覧。
  14. ^ [2]
  15. ^ 創業90周年記念の特別仕様車が走ります。|日本交通株式会社”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  16. ^ 日本交通株式会社(@Nihonkotsu_Taxi)さんのツイート: "明けましておめでとうございます。大宮にある日本交通埼玉の車両ですね。おそらく都内まで営業して、営業エリアまで回送で戻るところだと思われます。行灯に「日交」と入るのは昔ながらのスタイル。都内でも無線番号を入れるようにするまでは、このような行灯でした。… "”. Twitter. 2019年1月21日閲覧。
  17. ^ タクシーの「行灯(あんどん)」って何?”. JapanTaxi株式会社・行灯ラボ. 2019年1月21日閲覧。
  18. ^ 日本交通のタクシーのクレームが1年で4割減少”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  19. ^ 新卒採用(仕事紹介)│タクシーの日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  20. ^ 乗務員教育の徹底|タクシーなら日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  21. ^ 黒タク |タクシーなら日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  22. ^ 今すぐタクシーを呼ぶ・予約する|タクシーなら日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  23. ^ 日本交通のタクシーのクレームが1年で4割減少”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  24. ^ タクシー乗り場(日本交通専用)から利用する|タクシーなら日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  25. ^ 事故防止の徹底|タクシーなら日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  26. ^ 都内にたった7台!“幸運のタクシー”に出会うコツ” (日本語). テレ朝news. 2021年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年9月8日閲覧。
  27. ^ サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」受賞企業・団体事例集参照。
  28. ^ 日本交通株式会社 (1961). 社史. 東京: 日本交通社史編纂委員会. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I000782659-00 
  29. ^ 『財界』1959年12月1日号参照
  30. ^ 東洋交通株式会社 沿革
  31. ^ 春駒交通株式会社 会社案内
  32. ^ 日立自動車交通グループ 企業情報 沿革
  33. ^ 陸王交通株式会社 会社概要
  34. ^ 日生交通株式会社 会社概要
  35. ^ 佐藤恵子 (2015年1月7日). “いま子どもたちは トレイン通学:1 1日1本、次はない”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 30 
  36. ^ 東洋タクシー株式会社
  37. ^ 東京ひかり交通株式会社 会社概要
  38. ^ 日交美輝
  39. ^ “LINEでタクシー呼べるサービス 都内からスタート”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 8. (2015年1月7日) 
  40. ^ 東京梅田交通
  41. ^ イースタンモータースグループ 営業所一覧
  42. ^ 藤田知也 (2015年12月10日). “ヤフー・日交、配車サービス 東京23区、スマホアプリから”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 10 
  43. ^ 斎藤徳彦 (2017年1月27日). “17万人が入場し「真田丸展」閉幕 沼田”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 7 
  44. ^ 新着情報・プレスリリース
  45. ^ 東京最大手「日本交通」が兵庫県阪神地区でのタクシー台数拡大! 「尼崎工都タクシー」と「川西オーシャン交通」61台を傘下に 既存グループ会社と合わせ180台体制へ
  46. ^ 春駒交通株式會社 - 日本交通グループ
  47. ^ 春駒交通株式会社の情報
  48. ^ 春駒交通株式会社
  49. ^ 春駒交通株式会社の情報
  50. ^ 東京交通新聞 2019年2月11日
  51. ^ Co.,Ltd, Nihon Kotsu. “代表取締役社長交代内定のお知らせ” (日本語). www.nihon-kotsu.co.jp. 2021年5月31日閲覧。
  52. ^ 昭和自動車、日本交通グループ加盟 東京無線を脱退
  53. ^ アサヒタクシー京都を「ASAHI」のロゴが走る「京都アサヒタクシー」を設立 | 経済リポートWEB版”. keizai.info. 2022年5月3日閲覧。
  54. ^ “日本交通、大阪のナショナルタクシーを買収”. 日経電子版 (日本経済新聞). (2021年9月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC105JO0Q1A910C2000000/ 2021年9月11日閲覧。 
  55. ^ コスモキャブ大阪が日本交通グループ関西に加盟へ” (日本語). 大阪・高槻・神戸でタクシー予約|日本交通グループ関西 東京・日本交通. 2022年5月22日閲覧。
  56. ^ 【ニュースリリース】毎日タクシーが日本交通グループ関西に加盟へ | 東京最大手のタクシー会社” (日本語). 日本交通株式会社 タクシーサービスサイト. 2022年5月25日閲覧。
  57. ^ 平成29年タクシー評価制度|公益財団法人 東京タクシーセンター”. 東京タクシーセンター. 2019年1月21日閲覧。
  58. ^ 事業所・営業所の一覧|日本交通”. 日本交通株式会社. 2019年1月21日閲覧。
  59. ^ タクシーを呼ぶ/予約する – 日本交通立川”. 日本交通立川. 2019年1月21日閲覧。
  60. ^ 東京・日本交通タクシー乗り場|東京・日本交通株式会社”. 東京・日本交通. 2019年1月21日閲覧。
  61. ^ 登記簿謄本(履歴事項全部証明書 会社法人等番号 0200-01-015596)、平成30年1月15日
  62. ^ https://tokyo-yonsha.gr.jp/about/alliance/alliance.php#kanagaw
  63. ^ 小田獄夫著『くるま人生―川鍋秋蔵』(1962年)より。
  64. ^ Tokyo Underworld: The Fast Times and Hard Life of an American Gangster in Japan Robert Whiting, Knopf Doubleday Publishing Group, Sep 29, 2010
  65. ^ ホワイティング『東京アンダーワールド』角川書店
  1. ^ 日交美輝 会社情報
  2. ^ 日本交通 新着情報 本社移転のお知らせ
  3. ^ 日本交通 新着情報 大阪の老舗タクシー会社「さくらタクシー401台」を傘下に
  4. ^ 日本交通グループに飛鳥交通が加盟~業界大手のフランチャイズ提携で、都内最大規模のグループが誕生~ (PDF)”. 日本交通・飛鳥交通 (2016年10月27日). 2016年10月28日閲覧。
  5. ^ 飛鳥交通・国立営業所が日本交通とフランチャイズ提携 ~業界大手のフランチャイズ提携が、多摩地区へ拡大~
  6. ^ 東京最大手「日本交通」が神戸でのタクシー台数拡大! 「東亜タクシー」と「オーシャン交通」84台を傘下に 既存の 東京・日本交通 神戸営業所と合わせ119台体制へ
  7. ^ 東京以外のエリアで初フランチャイズ提携! 日本交通グループにアイシスタクシーグループ(神奈川)が加盟 ~神奈川県下に500台規模のグループが誕生~
  8. ^ 【ニュースリリース】業界初!新卒採用乗務員のみの営業所が誕生
  9. ^ 【ニュースリリース】日本交通グループに昭和自動車が加盟
  10. ^ 【ニュースリリース】イースタンエアポート、ハロー・トーキョーを譲受
  11. ^ 【ニュースリリース】「互助交通」80台の営業譲受申請を行いました
  12. ^ a b c 【ニュースリリース】日本交通グループに平和自動車交通が加盟へ
  13. ^ 【話題】ハロートーキョー譲受車が日本交通グループとして稼働を開始しました。
  14. ^ 【話題】互助交通譲受車が日本交通グループとして稼働を開始しました。
  15. ^ 【ニュースリリース】東京・日本交通「梅田営業所」を開設
  16. ^ a b ナショナルタクシー 日本交通「桜にN」仕様車両に統一
  17. ^ 【ニュースリリース】日本交通立川・飛鳥交通多摩 営業所の譲渡譲受申請を行いました
  18. ^ 日本交通のQ&A"、2010年2月6日閲覧。


「日本交通 (東京都)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本交通_(東京都)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本交通_(東京都)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本交通 (東京都) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS