ecosystemとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > ecosystemの意味・解説 

エコシステム【ecosystem】

生態系

複数企業によって構築された、製品サービス取り巻く共通の収益環境具体的には、ある特定のスマートホン中心にアプリケーションソフト電子マネーイヤホン充電器などの関連製品が、つながりをもつ全企業収益もたらす環境構築している例などが挙げられる。


エコシステム

【英】:ecosystem

本来は、自然環境における物質エネルギー流れ研究する生態学の用語で「生態系」と訳される。オープンソース分野では、ハードウェアソフトウェア開発サービスユーザーの各場面において、オープンソースソフトウェアどのように開発改良利用すれば、オープンソース世界の健全かつ安定的発展促進できるかという問題解決ようとする理念のことを意味する。
生態学上のエコシステムでは、「食物連鎖」のような垂直方向の物質エネルギー流れに主に注目するが、オープンソースのエコシステムでは、異なるソフトウェアモデルの共存ユーザー嗜好多様化への対応、商用利用への対応とコミュニティへのフィードバック開発者事情動機など、平方向のバランスどのように調整するかに重点を置いている点が大きく異なる。

生態系

読み方せいたいけい
【英】:ecosystem

自然界存在するすべての種は、各々独立存在しているのではなく、食うもの食われるものとして食物連鎖組み込まれて、相互に影響し合って自然界バランス維持している。これらの種に加えて、それを支配している気象土壌地形等の環境含めて生態系という。互いに関連をもちながら安定が保たれている生物界バランスは、ひとつが乱れるとその影響が全体に及ぶだけでなく、場合によっては回復不能なほどの打撃を受けることもある。

エコシステム

【英】:ecosystem

生態系のこと。ある地域生息する生物と,その生活に影響与え無機的環境総合したもの

生態系

(ecosystem から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 11:29 UTC 版)

生態系(せいたいけい、: ecosystem)とは、生態学においての、生物群集やそれらをとりまく環境をある程度閉じたであると見なしたときの呼称である。




  1. ^ a b 大田 2009, pp. 147-152.
  2. ^ A.J.Willis (1997). “The Ecosystem: An Evolving Concept Viewed Historically”. Functional Ecology 11 (2): 268–271. doi:10.1111/j.1365-2435.1997.00081.x. 
  3. ^ : food web


「生態系」の続きの解説一覧

エコシステム

(ecosystem から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/26 14:47 UTC 版)

エコシステムecosystem




「エコシステム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ecosystem」の関連用語

ecosystemのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ecosystemのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2021 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2021 All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生態系 (改訂履歴)、エコシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS