油を売るとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 大阪弁 > 油を売るの意味・解説 

油(あぶら)を売(う)・る

近世髪油行商人が、客を相手世間話しながら売ることが多かったことから》むだ話などをして仕事怠ける。


油(を)売る、油(を)とる

大阪弁 訳語 解説
油(を)売る、油(を)とる 道草を食う 油売りが1軒1軒油を売って回っていたが、粘性の高い当時の油は切れが悪く、全てを注ぎきるのに時間がかかり、その間に家の人と世間話をしたことから。商売柄この表現が好まれる。「ほっつき歩く」とも言う。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「油を売る」の関連用語

油を売るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



油を売るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS