真梨邑ケイとは? わかりやすく解説

真梨邑 ケイ

真梨邑ケイの画像 真梨邑ケイの画像
芸名真梨邑 ケイ
芸名フリガナまりむら けい
性別女性
生年月日1957/8/29
星座おとめ座
干支酉年
血液型O
出身地東京都
身長165 cm
ブログURLhttp://keimarimura-love.cocolog-nifty.com/
デビュー年1982
プロフィール千代田区麹町小中学校から頌栄女子学院卒業後、東宝現代劇研究所にて演劇・音楽の道に進み82年アルバムELEGANCE」でジャズヴォーカリストとしてデビュー。その後代表作THE MAN I LOVE』(編曲:ネルソン・リドル Tpハリー・ジェームス)では、ゴールド・ディスク受賞するなど現在までに35CDリリース女優として主演6作品を含む数多くの映画・テレビドラマ出演2001年には映画『マーメイド~海から来た少女~』で脚本・監督デビュー。2011年には小説家デビュー作品『インティマシー』を徳間書店より出版2015年には主演映画女詐欺師美人シンガーお熱いのはどっち?』(浜野佐知監督)が劇場公開される。また、写真集エッセイ集これまで13冊、イメージDVD21作品リリースされている。2022年には歌手デビュー40周年迎える。
デビュー作アルバムELEGANCE
代表作品1年2020
代表作品1CD君のうた 僕のうた Vol.2
代表作品2年2001
代表作品2映画『マーメイド~海から来た少女~』脚本・監督
代表作品3年2014
代表作品3DVDLOVE LIQUEUR ラヴリキュール 』
職種音楽
趣味・特技旅行/読書

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
東京都出身のタレント  山口和之  末吉慶子  TOKMA  真梨邑ケイ  遠藤明子  モト冬樹

真梨邑ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/13 09:57 UTC 版)

真梨邑 ケイ(まりむら けい、1957年昭和32年〉8月29日 - )は、日本ジャズ歌手・女優。東京都千代田区出身。[1][2][3]所属事務所は、真梨邑オフィス[1]。身長165cm。スリーサイズはB85・W59・H86。


  1. ^ a b 『TVスター名鑑2011』P149「真梨邑 ケイ」
  2. ^ 『Web NDL Authorities』のプロフィールより、別名欄を参照
  3. ^ a b c d e f 『週刊サンケイ』1982年4月22日号86頁
  4. ^ 河北新報 1986年4月4日朝刊 22面「登場」コーナー
  5. ^ a b 「50代でデビュー」真梨邑ケイが語るブームの裏”. アサ芸プラス (2012年12月19日). 2014年5月18日閲覧。 ※ソース:『週刊アサヒ芸能』2012年12月20日号
  6. ^ a b 『週刊アサヒ芸能』2012年6月28日特大号 「熟女」の誕生とそれから
  7. ^ a b c 伴田良輔企画 スローナイト Vol.1 「真梨邑ケイ ★ リーディング & JAZZ ナイト」”. lastwaltz.info (2012年4月11日). 2014年5月18日閲覧。
  8. ^ a b c d 「経験は少ないのよ…」真梨邑ケイ過激な“アダルト・イメージDVD””. ZAKZAK (2009年9月24日). 2014年5月18日閲覧。
  9. ^ 大ヒットで印税は? あの有名歌手、アダルト専念か”. ZAKZAK (2009年12月8日). 2014年5月18日閲覧。
  10. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のラジオ番組データベースより、「出演者別リスト」→「ま」→「真梨邑ケイ」節『TBSマンスリージャズワイド』番組情報を参照。


「真梨邑ケイ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真梨邑ケイ」の関連用語

真梨邑ケイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



真梨邑ケイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2024 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真梨邑ケイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS