核燃料税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > > 核燃料税の意味・解説 

核燃料税

読み方:かくねんりょうぜい

原子力発電所設置した電気事業者原子力事業者)が原発立地する地方自治体に対して納める税。法定外普通税として納税義務が課せられている。

核燃料税は原子炉挿入された核燃料の量または価格に応じて納税される。税金施設周辺地域安全対策など、原発関連する施策費用充当される。

なお、核燃料税とは別に発電使用された後の「使用済み核燃料」を保管することに対して課される「使用済核燃料税」を導入している自治体もある。また、再処理工場のある地域自治体では、原子力事業者に対して核燃料物質等取扱税」と呼ばれる税が課せられている。

核燃料税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/15 09:36 UTC 版)

核燃料税(かくねんりょうぜい)は、核燃料に対して課せられる、日本の法定外普通税の一つ。電源三法と並ぶ「ニュークリアマネー」の一つである。






「核燃料税」の続きの解説一覧



核燃料税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「核燃料税」の関連用語

核燃料税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



核燃料税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの核燃料税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS