カール・マルテルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 貴族 > カロリング家 > カール・マルテルの意味・解説 

Karl Martell

以下の映画Karl Martell関連しています。


カール・マルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 06:24 UTC 版)

カール・マルテルドイツ語: Karl Martell, フランス語: Charles Martel シャルル・マルテル, 686年8月23日741年10月22日)は、メロヴィング朝フランク王国宮宰カロリング家出身で、トゥール・ポワティエ間の戦いウマイヤ朝の進撃を食い止め、西ヨーロッパへのイスラム教徒の侵入をイベリア半島でとどめたことで名高い。


  1. ^ a b 柴田 他、p. 155
  2. ^ 佐藤、p. 7
  3. ^ 成瀬 他、p. 62
  4. ^ プレクトルードとの間の息子はこの時点で皆死去しており、プレクトルードは自らの次男グリモアルドの息子テウドアルドを後継者に選んだ(柴田 他、p. 154、瀬原、p. 11)。
  5. ^ a b 佐藤、p. 15
  6. ^ a b c 柴田 他、p. 154
  7. ^ ネウストリア貴族がラガンフリドを宮宰に選んだという(柴田 他、p. 154)。
  8. ^ 瀬原、p. 11
  9. ^ 神崎、p. 60
  10. ^ a b ル・ジャン、p. 37
  11. ^ 瀬原、p. 12
  12. ^ 五十嵐、p. 31
  13. ^ a b 佐藤彰一 ポスト・ローマ期ヨーロッパの表象構造 2007年 pp.45-46.
  14. ^ 佐藤、p. 16
  15. ^ 瀬原、p.17, p.20


「カール・マルテル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カール・マルテル」の関連用語

カール・マルテルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カール・マルテルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカール・マルテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS