フランス国家警察とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フランス国家警察の意味・解説 

フランス国家警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/30 08:53 UTC 版)

フランス国家警察フランス語: Police nationale de France英語: National Police of France)は、フランスの警察組織の1つ。内務省の管轄下で、主として都市圏での警察活動を担当する[1]。2006年現在、総人員14万5,820名、うち警察官11万9,182名を擁する[2]




注釈

  1. ^ 2013年の資料では15名程度
  2. ^ 各部局で警視監を補佐する。文字通りの監察業務だけを行うわけではない。特定部局の長にも補職される。2013年の資料では26名程度
  3. ^ 原語の意味は統括監。2013年の資料では90名程度。警視監が就任する主要部局の下位の部長、地方局長に就任する
  4. ^ divisionnaireは、軍隊では師団司令部付きを意味することから上級勤務を表す。米英では単に警視正と訳される
  5. ^ 米英ではCommissaireの対応語であるCommissionerがPolice Superintendantの訳に充てられていることから警視としている。ただし、国家警察が地方警察を包含する2重構成をとるフランス(日本も同じ)では、国と地方が全く別組織である米英と役割権限が異なる。Commissaireはむしろ日本警察の地方警務官に近い。米英の警視が所轄の長(比較小さい警察署の長 地区警察の部長)であるのに対して、Commissaireは所轄を統括する管理官や地区警察部局の上層部で指揮をとる立場に就任する。
  6. ^ 旧名はCapitaine divisionnaireであり、幾つかの資料ではChief Inspectorであると紹介されていることから「準警視」または「上級警部」とする見方もある。
  7. ^ Lieutenant Student。憲兵隊の士官候補生に該当する。士官候補生がグランゼコール、院卒、医官など区分によって少尉を飛ばして大尉や中尉に任官する者がいるため少尉候補生と呼ばないのと異なり、警察では警部補候補生のみである。
  8. ^ 階級章の線は白線の中に細い赤線
  9. ^ 階級章の線は黄線の中に細い赤線
  10. ^ 警察学校卒後、約1カ年の実務研修期間(intern)の階級
  11. ^ おおむね日本の警察自動車警ら隊に相当するが、機動捜査隊と同様に覆面パトカー・私服警官による密行警邏を主としている。

出典

  1. ^ a b 下條 1999, p. 236.
  2. ^ a b c d 岡部 2008.
  3. ^ フランス国家警察 (2011年). “Histoire” (フランス語). 2016年1月14日閲覧。
  4. ^ Cour des comptes (2011年10月). “La redéfinition des zones de compétence de la police et la gendarmerie nationales”. 2016年1月22日閲覧。
  5. ^ 石田三成「第7章 フランスにおける国と地方の役割分担」『「主要諸外国における国と地方の財政役割の状況」報告書財務総合政策研究所、2006年。
  6. ^ a b フランス国家警察. “Direction Centrale de la Sécurité Publique” (フランス語). 2016年1月12日閲覧。
  7. ^ a b 関西広域連合. “諸外国の警察制度”. 2016年1月9日閲覧。
  8. ^ 在マルセイユ日本国総領事館 (2015年1月23日). “安全対策連絡協議会 (PDF)”. 2016年1月14日閲覧。
  9. ^ a b 警察庁「第2節 テロ対策」『平成9年 警察白書大蔵省印刷局、1997年。ISBN 978-4171821725
  10. ^ 警察庁「第12節 シンクタンクの活動」『平成21年 警察白書』国立印刷局、2009年。ISBN 978-4324088241
  11. ^ La Tribune du commissaire (2015年). “DOSSIER - L’intervention de police dans tous ses états” (フランス語). 2016年1月3日閲覧。
  12. ^ a b Cécile De Sèze (2015年11月19日). “Attentats à Paris : RAID, GIGN, GIPN, BRI... Quels rôles ?” (フランス語). 2015年11月20日閲覧。
  13. ^ a b c HISTORIQUE DES ARMES DE LA POLICE NATIONALE (PDF)” (フランス語). 2016年1月23日閲覧。
  14. ^ Patrick Salotti (2013年12月). “LES METHODES DE TIR DANS LA POLICE NATIONALE”. 2019年5月12日閲覧。
  15. ^ Jean-Marie Allemand (2011年12月8日). “La police est sous-équipée face à l'armement de ses adversaires” (フランス語). 2016年1月23日閲覧。
  16. ^ Ayoob, Massad F.: The Gun Digest Book of SIG-Sauer: A Complete Look at SIG-Sauer Pistols, page 80. Gun Digest, 2004.
  17. ^ Sakurai 2014.
  18. ^ Julia Pascual (2016年3月11日). “Contre les terroristes, BAC et CRS passent à l’arme lourde”. ル・モンド. http://www.lemonde.fr/police-justice/article/2016/03/11/contre-les-terroristes-bac-et-crs-passent-a-l-arme-lourde_4881132_1653578.html 
  19. ^ a b フランス国家警察 (2011年10月10日). “L’organisation et les structures de la direction centrale de la police judiciaire” (フランス語). 2016年1月12日閲覧。
  20. ^ La ministre de l'intérieur présente le nouveau visage des services de renseignement français
  21. ^ Portail du Gouvernement Direction générale de la Sécurité intérieure.


「フランス国家警察」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランス国家警察」の関連用語

フランス国家警察のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フランス国家警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランス国家警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS