感銘を受けるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 感銘を受けるの意味・解説 

感銘を受ける

読み方:かんめいをうける

「感銘を受ける」の意味、表記、成り立ち

感銘を受ける(かんめいをうける)とは、心に深く刻まれるような強い感動を抱くことを表す慣用的な表現。「感銘」は「肝銘」とも表記する。ただし、現代では「感銘と書くことが普通である

「感」は心が動くこと、「銘」は心に刻むことの意で、「感銘」は物事触れて心が動きその気持ち心に刻まれることを意味するまた、肝銘」の「肝」は心を意味する

「感銘を受ける」の使い方

「感銘を受ける」は、文章改まった会話用いる、やや硬い表現である。

「感銘を受ける」は、慣用句というほど熟してはおらずコロケーションであると解されるしたがって、「感銘を深く受ける」のような部分修飾や、「感銘をお受けになる」のような敬語化も可能である

「感銘を受ける」は、「~に」に、その感銘を生じさせる物事をとる(例文、「教師言葉に感銘を受ける」)。この、感銘を生じさせる物事は、他者言動思想小説絵画などの作品であることが多く自分自身行為や、自然の風景などに心を動かされる場合には、「感銘を受ける」は用いにくい。

「感銘を受ける」の言い換え

「感銘を受ける」と言い換えられる表現として、「感銘」のコロケーションでは、「感銘を覚える」「感銘を味わう」などが挙げられる。「感銘を受ける」は、心を動かす物事からの強い働きかけ感じられるに対し、「感銘を覚える」は自然とそうなるという感じが、「感銘を味わう」はしみじみとそう感じという意味合いがある。また、感銘を受ける意で単に「感銘するとも言う

この他、「感銘を受ける」と言い換えうる表現には、「感銘」の類義語類語)である「感動」「感激」を用いた感動する」「感激する」、また「琴線に触れる」などがある。

感動」と「感銘」の違いには以下のようなものがある第一に、「感動」は「感銘」よりも日常語的であり口頭で普通に用いられる第二に、「感銘」は後々まで覚えているような感情をいうのに対し、「感動」は一時的な心の動きをいう。第三に、「感動」は自然の風景などに心を動かされたときにも用いられる一方、「感銘」はそのような場合には用いにくい。

感激する」は、「病気治ったことに感激する」のように、自分自身の身に起こったことにも用いることができるが、「感銘を受ける」は自分自身の身に起こったことには用いにくい。また、感激する」には、自らの気持ち奮い立つというニュアンスがあるが、「肝銘を受ける」にはそのような積極的な感じはない。

琴線に触れる」は、物事に感銘を受ける気持ちを、物事弦楽器の糸に触れる様子たとえた表現であり、「感銘を受ける」と違ってその物事を「~に」にではなく「~が」にとる(例文、「詩の言葉心の琴線触れた」)。

この他に、「感銘を受ける」と言い換えうる表現には「心を打たれる」「胸を打たれる」「胸に響く」などが、「感銘」の類義語類語)には「感慨」「感心」「感嘆」などがある。

また、「感銘を受ける」と似た形の表現に「共感を受ける」があり、「曲の歌詞共感受けました」のように、「共感する」の意で「感銘を受ける」と同様使い方用いられることがある。しかし、「共感を受ける」は通常、「~が共感を受ける」の形で共感得られる意で用いられるものである例文、「党の方針が国民の共感を受けている」)。

「感銘を受ける」と対になる表現

「感銘を受ける」に対し他者深い感動及ぼすことをいう表現に「感銘を与える」「感銘をもたらす」などがある。

「感銘を受ける」の英語での表現

~に感銘を受ける」は、英語ではbe impressed with ~、be impressed by ~、be moved by ~、be touched by ~などと訳すことができる。

「感銘を受ける」の例文



執筆稲川智樹


感銘を受ける


感銘を受ける

読み方:かんめいをうける

「感銘を受ける」とは、深い感動を胸にしっかりと刻むという行為のことを意味する表現

「感銘を受ける」とは・「感銘を受ける」の意味

「感銘を受ける」とは、「忘れられないほど深く心を動かされること」「深く心に刻まれいつまで忘れられないほど感動すること」の意味となる。感銘の「感」は、深く心が動くさまをいい、「銘」は、優れたの・上等品、しっかりと心に刻むこと、書きつけておくことなどの意味を持つ言葉。すなわち感銘とは「その素晴らしさ深く心が動きしっかりと心に刻んで忘れられないこと」をさし、その状態に導かれることをさして「感銘を受ける」と表現する

「感銘を受ける」は、優れたものに心を動かされるという受け手行為をいうもので、上下関係存在して自分へりくだるシチュエーションなどで用いられやすい表現である。そのため、日常上司など目上の人交わ会話の中や、入社志望する会社面接試験などで頻繁に使用される言葉でもある。面接試験では、会社経営理念事業内容への共鳴具体例挙げながら示し、「感銘を受ける」という言葉用いて志望動機とする。上司など目上の人業務運営経営手腕評する場合にも「感銘を受ける」は適切な表現である。「感銘を受ける」は、「感銘を覚える」「感銘見舞われる」などと言い換えるともできるが、「感銘する」という言い換えには上下関係反映されにくく適切ではない。また感銘は「肝銘」と表記しても伝わる意味はほぼ同じである。

「感銘を受ける」と似た表現に、「感心する」がある。感心するとは「何かに素晴らしさ感じて深く感動すること」をいい、意味上は感銘を受けると大きな違いはない。しかし、上司をはじめとする目上の人に対して使用するのは適切ではない。なぜなら「感心する」には、人を評価するニュアンスうかがえるからである。「社長経営手腕には感心いたしました」という場合、その言葉には発話者ジャッジ垣間見えるそのため、言葉の受け手目下の者に評価されたとして失礼に感じのである加えて、「感心する」には、相手に対する一種の皮肉表現とも捉えられる使い方がある。これらを総合的に判断すると、目上の人に対しては「感心するではなく「感銘を受ける」と使用する方が無難である。

「感銘を受ける」の熟語・言い回し

とても感銘を受けるとは


「とても感銘を受ける」とは、感銘受け方この上なく甚だしいまでに心が動かされという意味となる。感銘自体強く心が動かされるという意味があるので、それ以上に感服敬服したという最上級の程を示す表現である。

「感銘を受ける」の使い方・例文

「感銘を受ける」の例文としては、文学作品に「一生忘られない感銘をうけたことがなかったとは、けっしてけっしていえないであろう(「歌声よ、おこれ宮本百合子)」、「ただ我執立場にとどまる旅行記からは、我々は何の感銘も受けることができない(「『青丘雑記』を読む」和辻哲郎)」 などが見られる

また一般的な使い方としては「面接際には、志望する企業のどの点に感銘を受けたのか、具体的に伝えることが大切だ」、「後輩懸命に努力するのを見て感銘を受けた」、「彼はこれまで何事にも感銘を受けたことがなく、無関心な態度貫いてきた」、「社長言葉には本当に感銘を受けた」、「逆境に負けず生命力あふれる絵画描き続けてきた彼女の生き方には言葉にできないほどの感銘を受ける」、「感銘を受けた体験は、その後人生左右するほどの影響力を持つ」、「小学校の頃に読んだ物語感銘を受けて、医学の道を志すことを決めた」、「恩師にかけてもらった言葉に深い感銘を受けて、私は立ち直ることができた」、「誰一人取り残さないという活動理念感銘を受けて、このプロジェクト参加したい思った」などを挙げることができる。

「感銘を受ける」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感銘を受ける」の関連用語

感銘を受けるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感銘を受けるのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS