琴線に触れるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 琴線に触れるの意味・解説 

琴線に触れる

読み方:きんせんにふれる
別表記:琴線にふれる

感銘や深い共感感じること。物事見聞きして感動するさまを、琴の糸が触れられて鳴るさまに喩え表現

琴線(きんせん)に触(ふ)・れる

琴線は、物事感動しやすい心を琴の糸にたとえたもの》良いものや、素晴らしいもの触れ感銘を受けること。「心の―・れる」

[補説] 文化庁発表した「国語に関する世論調査」で、「感動共鳴与えること」と、「怒りを買ってしまうこと」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。

 平成19年調査平成27年調査
感動共鳴与えること
(本来の意味とされる
37.8パーセント38.8パーセント
怒りを買ってしまうこと
(本来の意味ではない)
35.6パーセント31.2パーセント


琴線に触れる

出典:『Wiktionary』 (2018/02/04 05:32 UTC 版)

成句

琴線触れるきんせんにふれる

  1. 良いものや素晴らしいもの触れることで感動したり共鳴したりする。

用法

逆鱗に触れる」のように「触れられたくないことに触れてしまい怒らせる」のような意味で用いるのは誤り



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「琴線に触れる」の関連用語

琴線に触れるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



琴線に触れるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの琴線に触れる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS