エモいとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > エモいの意味・解説 

エモい

エモいとは、エモいの意味

エモいとは、若者言葉1つで、言葉では説明できないような「寂しい」や「感動」を示す言葉のこと。Twitterはじめとするソーシャルメディアなどにおいて、ユーザーが心に刺さった出来事に対して用いられることが多い。エモいの語は元々は音楽用語として使われていた言葉で、感情感動といった意味をもつ英語の「emotionエモーション)」からきている。

エモいの語源は音楽ジャンルの「Emo」

「エモい」は、2000年代前半コギャルの間で使われるようになった言葉である。しかし、当時使い方は「スケベ気持ち悪い人」といった意味合いであった。「エモい」が今のような使われ方になったのは、感動的音楽表現するのに「エモい」という言葉一般的に使われるようになったためである。

音楽ジャンル1つに「Emo」がある。Emoは、激しいロックサウンドをベースとして、美しメロディ感傷的歌詞特徴音楽である。音楽業界では、1980年代あたりから激情的かつ感動的音楽を「エモい」と呼んでいた。現代では、「この曲、感動的だよね」が、「この曲エモいよね」となり、音楽だけに限らずさまざまな場面で「エモい」が使われるようになっていった。心を揺さぶられるといった意味合いをもつ「エモい」は、「感慨深い」や「情緒」、「哀愁」などの類語でも表現できる。ただし、単純に「スゴイ」や「ヤバい」といった意味合いで使われることもある。

エモいの英語表現にはemotionalやnostalgicなどがある

エモいの語は、さまざまなニュアンスを含むんでいるため、英語で表すのは難しい。あえて表現するなら、感情的な・感激しやすいといった意味をもつ「emotional」や、感情感動を示す「emotion」、懐かしさ恋しさを表す「nostalgic」、悲しい・寂しいという意味をもつ「sad」などが挙げられる。感傷的な・涙もろい等の意味をもつ「sentimental」を使うこともできる。

エモいの語の用例、使い方


感動した時に使うエモいの用例、使い方


山頂からの美し景色見て、言い表せない感動から発した言葉。「あまりの美しさに息を飲んだ」といった様子表現されている。



「エモい」はゾクゾクしたという意味で使う場合もある。心が揺さぶられた感情を表すため、「感動して鳥肌が立った」というシーンにも使用できる。

  • 今日の服、エモいじゃん!

デート中、彼氏が彼女に向けて使う「エモい」の例である。「すごくかわいい!」や「かわいすぎヤバい」、「かわいすぎゾクゾクする」というような、彼女のかわいさが心に刺さるといった意味合いをもつ。


友人との会話中に感情が高ぶったり、テンション上がったりした時に使う。なお、返信に困った時にとりあえず「エモい」と返すやり方もある。

懐かしい、恥かしいと感じた時に使うエモいの用例、使い方



昔の自分写真を見る際に感じる、懐かしいような恥ずかしいような、何とも言い難い気持ちになったときの感情を表している。

音楽を聴いて心を動かされた時に使うエモいの用例、使い方


  • この曲、エモい

メロディ歌詞関わらず音楽を聴いて心を動かされたときに使用する。昔流行した音楽を聴いて当時思い出し、「懐かしい」といった感情溢れてきたときにも使う。音楽だけでなく小説絵画などにも使用可である。

悲しい気持ちを伝える時に使うエモいの用例、使い方


大切なスマホ無くして、悲しくて悔し感情を「エモい」で表現することもできる。「ヤバい」がバージョンアップしたと捉えるわかりやすい


言葉では言い表せない寂し気持ち感慨深さを「エモい」の一言伝えることができる。今まで運動会思い出脳裏に浮かび、センチメンタル気分になった様子がわかる。


センチメンタルな、しんみりとした感情にも「エモい」が使える言葉では説明できない感情一言で表すことができる。



エモい

「エモい」とは「エモーショナル感じがする」ということであり、「感情訴えかけて来るものがある」「心が動かされるようだ」「情緒感じる」「趣がある」「グッとくる」というような説明しがたい感慨を述べる表現

「エモい」は英語の emotionalエモーショナル)に由来する省略表現である。語尾に「い」が付くことで形容詞として機能しており、「超エモい」のような叙述、「エモいシチュ」のような修飾、「エモかった」のような活用を可能にしている。

「エモい」という表現起源は、おおむね1990年代2000年代音楽シーンにあるといえる当時は「エモ」(emo)と呼ばれる音楽ジャンル連なる曲風であることを「エモい」と表現していた。音楽ジャンルとしての「エモ」は、ハードコアパンク系の演奏とメロディアスかつ感情をぶつけるような曲・詩世界によって主に特徴けられる音楽ジャンルである。

最近ではすっかり音楽ジャンル限らず「エモい」という言葉一般的な形容詞になったというか、「心が揺さぶられるような感覚もたらされる」もの全般について幅広く用いられるようになっている。もっとも、音楽ジャンルの「エモ自体も「心が揺さぶられるような」という要素によって「エモ」と呼ばれるに至ったに違いなく、根本的な意味やニュアンス当初から変わっていないともいえる。

今日では、「エモい」という表現は、さまざまな対象について用いられる。ソーシャルメディアなどでは、人物ファッション人間関係考え方言葉イラスト風景廃墟、などを評して「エモい」と述べる例が見られる。だいたい「超エモい」「まじエモい」「エモい……」「くっそエモい」「エモすぎる」というような言い方で用いられている。

「エモい」の語に込められたニュアンスも超幅広く、ほとんど千差万別であるが、おおむね言葉にできない種類感慨」であり「グッとくる感じ」である、その意味で「エモい」という表現は「もののあはれ」の現代版である見ることもできる。

エモ・い

[形]エモemotional感情的な)から》俗に感動的である。強く心に訴える。「―・いメロディー


エモい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 22:25 UTC 版)

エモいは、英語の「emotional(エモーショナル)」を由来とした、「感情が動かされた状態」[1]、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」[2]などを意味する日本のスラング俗語)、および若者言葉である。


  1. ^ a b c d e f g h 角田康祐、世瀬周一郎 (2017年8月14日). “エモい、知らなきゃ損ヨ!、「ヤバい」に続く若者コトバ、複雑・不可解な感情表現、女性消費の新基準に。” (日本語). 日経MJ (日本経済新聞社): p. 1  - 日経テレコンにて2017年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c 「今年の新語2016」で堂々第2位 「エモい」ってどういう意味?” (日本語). ねとらぼアンサー. ITmedia (2016年12月11日). 2017年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c d 荒川和久 (2017年10月1日). “独身を幸せにする「エモい」という感情の正体 インスタ映えに熱狂する人の心理とは?” (日本語). 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2017年10月9日閲覧。
  4. ^ a b c 荒川和久 (2017年8月13日). “「エモい」は若者言葉ではない? 広めたのは落合陽一さん。エモ消費時代が来る!” (日本語). ソロで生きる力@荒川和久. はてなブログ. 2017年10月9日閲覧。
  5. ^ a b 荒川和久『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書・1079)』PHP研究所、2017年1月27日、197-199頁(日本語)。ISBN 978-4-569-83276-0
  6. ^ a b 高橋秀実 (2007年3月11日). “「みんなで国語辞典!」北原保雄監修 日常茶化す若者たち” (日本語). 読売新聞(東京朝刊) (読売新聞東京本社): p. 12  - 読売記事検索にて2017年10月9日閲覧。
  7. ^ a b 新田祐司 (2017年5月26日). “若い女性のもやもやした感情、「エモカワイイ」、飾らぬ姿に共感、ベンチャーがプロデュース、人気じわり。” (日本語). 日経MJ (日本経済新聞社): p. 4  - 日経テレコンにて2017年10月9日閲覧。


「エモい」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エモい」の関連用語

エモいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エモいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエモい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS