行くとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 行く > 行くの意味・解説 

い・く【行く】

読み方:いく

[動カ五(四)⇒ゆく

「行く」に似た言葉

ゆ・く【行く/逝く/往く】

読み方:ゆく

[動カ五(四)

向こうへ移動する。「はやく—・け」

目的地向かって進む。「学校へ—・く」

歩く。歩いて進む。「悪路を—・く」

通り過ぎる。「沖を—・く船」

年月経過する。「—・く秋を惜しむ」

流れる。「—・く水のごとく」

逝く)死ぬ。「君—・きて三年

物事がはかどる。「うまく—・かない」

物事をする。「前の方法で—・くことにする」

10 気持ちが十分満足する。「納得が—・く」

11 年をとる成長する。「年の—・かない子供

12 嫁に行く。とつぐ。「末娘も嫁に—・く年ごろになった

13 (「いく」の形で俗に性交時の快感絶頂達する。

14補助動詞動作継続進行の意を表す。「やせて—・く」

[可能] ゆける

[補説] 「いく」の語形上代からみられ、平安時代以降は「ゆく」と併用される。「ゆく」「いく」はほとんど意味は同じであるが、古くは「ゆく」のほうがより広く使われ、特に訓点資料和歌(「生く」との掛け詞の場合を除き)では、ほとんどすべてが「ゆく」である。現在では「ゆく」に比べて「いく」のほうが話し言葉的な感じをもち、したがって、「過ぎ行く」「散り行く」など、文章語的なの場合には「ゆく」となるのが普通である。なお、「ゆきて」のイ音便形「ゆいて」も用いられたが、現在は一般的でなく、促音便形は「ゆく」のほうは用いられず、「いく」を用いて「いって」「いった」となる。

[下接句] 後(あと)へも先へ行かぬ裏の裏を行く・地(じ)で行く・千万人といえども吾(われ)往(ゆ)かん・天馬空を行く得心が行く年が行く・捗(はか)が行く・人の一生は重荷を負う遠き道を行くが如(ごと)し・一筋縄では行かない目が行く


行く

作者石川英輔

収載図書大江戸仙花
出版社講談社
刊行年月2002.12
シリーズ名講談社文庫


行く

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:35 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. 目的地向かい移動する。 いく 参照

「行く」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



行くと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

行くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの行く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS