離角とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 離角 > 離角の意味・解説 

離角 elongation

地球から見て惑星あるいは月が太陽からどれだけ離れているかを表す角距離太陽地球-月、惑星を結ぶ角のこと。

離角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/19 03:38 UTC 版)

離角(りかく)とは、位置天文学において、ある点から見た2つの天体のなす角度である。とりわけ「惑星の離角」と言った場合は、地球の中心から見た太陽惑星のなす角度(地心真角距離)をさす[1]。太陽と惑星の黄経の差と説明されることもあるが正しくない(一致しない)。


  1. ^ a b c d e 国立天文台 暦計算室『こよみ用語解説』惑星現象
  2. ^ 一方、『天文年鑑』では、観測に都合の良いよう「合」「衝」「矩」「最大離角」は赤道座標系を使っており、「合」は赤経差が0時間(0°)、「衝」は赤経差が12時間(180°)、「矩」は赤経差が6時間(90°)、「最大離角」は内惑星と太陽の赤経差が極大となる時の離角としている(離角そのものの極大時の離角ではない)。軌道傾斜角の大きい天体では、赤経の合・衝の時刻は黄経の合・衝の時刻と数日の差が生じることがある。


「離角」の続きの解説一覧



離角と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「離角」の関連用語

離角のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



離角のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離角 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS