燃えるとは?

も・える【燃える】

[動ア下一][文]も・ゆ[ヤ下二

火がついて炎が立つ。燃焼する。「紙が—・える」「ストーブの火が—・える」

激しく気持ちが高まる。情熱盛んに起こる。「愛国心に—・える」「怒りに—・える」

のような光を放つ。光る。陽炎(かげろう)や蛍の光、夏の厳し陽光などにいう。「夕日に赤く—・える空」《 夏》「—・ゆる海わんわんと児が泣き喚き/誓子」


も・える【燃】

〔自ア下一(ヤ下一)〕 [文]も・ゆ 〔自ヤ下二

① 火がついて、炎が立つ。焼けて、炎がおこり立つ。燃焼する。

古事記(712)中・歌謡「さねさし 相摸(さがむ)の小野に 毛由流(モユル)火の 火中に立ちて 問ひし君はも」

② 炎のような光を放つ陽炎(かげろう)の光や蛍の光また、夏のきびしい陽光などの形容用いる。《季・夏

古事記(712)下・歌謡「埴生我が立ち見れば かぎろひの由流(モユル)家群 妻が家のあたり」

③ ある感情に動かされて、気持高ぶる悲しみ怒りまた、感動などで胸が熱くなる

万葉(8C後)五・八九七「五月蠅(さばへ)なす 騒く児どもを 打棄(うつ)てては 死は知らず 見つつあれば 心は母延(モエ)ぬ かにかくに 思ひわづらひ 哭のみし泣かゆ」

④ 赤い色がひじょうに鮮やかに輝くたとえ。→燃えるよう

写生紀行(1922)〈寺田寅彦〉「庭には赤いダーリア燃えて居た」


燃える

作者東野圭吾

収載図書探偵ガリレオ
出版社文藝春秋
刊行年月2002.2
シリーズ名文春文庫


燃える―吉増剛造

作者神淳

収載図書詩の由来 永訣の朝
出版社鳥影社
刊行年月1998.12


燃える

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/16 14:06 UTC 版)

燃える(もえる)




「燃える」の続きの解説一覧

燃える

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 06:01 UTC 版)

漢字混じり表記

燃え(もえる)

  1. もえる 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「燃える」の関連用語

燃えるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



燃えるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燃える (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの燃える (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS