魚市場とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 市場 > 魚市場の意味・解説 

うお いちば うを- [3] 【魚市場】

魚介類取引するための市場江戸時代形成された。うおいち。魚河岸うおがし)。

魚市場

読み方:ウオイチバ(uoichiba)

魚類取引専門市場

別名 市(うおいち)、雑喉場(ざこば)、魚河岸(うおがし)


魚市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/19 14:31 UTC 版)

魚市場(うおいちば、英語: fish market)は、魚介類を取り引きする市場。漁師と鮮魚商の間の商取引ないしは個人の客を対象とした水産物の小売を行う場であり、市場によっては両方を扱う。ウェットマーケット英語版の一種であり、しばしば屋台料理英語版が提供される。


  1. ^ a b c Clover C (2008) The End of the Line: How Overfishing Is Changing the World and What We Eat Page 165. University of California Press, ISBN 978-0-520-25505-0.
  2. ^ Rauch JE and Casella A (2001) Networks and markets Page 157. Russell Sage Foundation, ISBN 978-0-87154-700-2.


「魚市場」の続きの解説一覧



魚市場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「魚市場」の関連用語

魚市場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



魚市場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの魚市場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS