此等とは?

これ‐ら【×此れ等/等】

[代]近称指示代名詞

「これ」の複数形

話し手の側に属す事物についていう。「今ここに—の問題がある」「—は私の収集品です」

この人たち。

「—には劣りなる白銀(しろがね)の箔を」〈紫式部日記

このあたり。このへん

「山ならねども—にも」〈徒然八九


こい‐ら【此等】

代名〕 (「ら」は接尾語他称

話し手側の複数の人をさし示す(近称)。ののしったり遠慮なく言ったりする場合用いる。こいつら。

浄瑠璃平仮名盛衰記(1739)三「こいらは梶原様のお舩の舩頭」

話し手範囲内複数事柄をさし示す(近称)。これら。

洒落本青楼日記(1802)通客品定「こいらが廓の見識さ」


これ‐ら【此等・是等】

代名

[一] 事物や人について話し手側に属す複数のものとしてさし示す。

事物をさし示す。

古今(905‐914)仮名序ひさかたのあめにしてはしたてるひめはじまり〈略〉せうとの神のかたち、をかたににうつりて、かがやくをよめるえびすうたなるべし。これらは、もじのかずもさだまらず、哥のやうにもあらぬことどもなり」

人物をさし示す。この方たち。

大鏡(12C前)一「うたてげなるおきな二人、おうなといきあひて〈略〉これらうち笑ひ見交していふやう」

[二] 話し手が属している場所。このあたり。ここら。このくに

有明の別(12C後)二「ひぐらしさぶらひつかれ給ぬらんを、よし、これらにては、いうなるあそびのかたよりは、まづかやうのわざをみいれ給へ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「此等」の関連用語

此等のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



此等のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS