正宗十哲とは?

正宗十哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/02 02:42 UTC 版)

正宗十哲(まさむね じってつ)は、鎌倉時代末期の相模国の刀工正宗の高弟といわれる10名の刀工。ただし作刀年代等から見て、必ずしも全員が正宗の直弟子とはいえないことが専門家の間では定説となっている。


  1. ^ 「沸」とは、刃文を形成する鋼の粒子が一粒一粒肉眼で見分けられる程度に荒いものを指す。
  2. ^ この刀工の名前は「ちょうぎ」と音読みで呼び倣わしている。
  3. ^ 「匂」とは、冶金学的には「沸」と同様の組織であるが、鋼の粒子が肉眼で判別できず、霞んだように見えるものを指す。


「正宗十哲」の続きの解説一覧



正宗十哲と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正宗十哲」の関連用語

正宗十哲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



正宗十哲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正宗十哲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS