赤羽刀とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 赤羽刀の意味・解説 

赤羽刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/08 14:18 UTC 版)

赤羽刀(あかばねとう)は、第二次世界大戦直後の連合国軍占領下の日本において、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ)の指令によって接収された刀剣類のうち、廃棄処理を免れて後世に伝わった一部を指す通称。


  1. ^ a b c “GHQ没収の日本刀返還へ 52年ぶりに7本”. 朝日新聞・朝刊: p. 38. (1997年11月28日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ a b c “備前の名刀里帰り 備前長船博物館で戦後接収の107本展示”. 朝日新聞・朝刊・香川: p. 28. (2000年1月22日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b c “刀狩りの刀返します 50年前GHQが接収、民間の約4600振り”. 朝日新聞・夕刊: p. 10. (1995年11月1日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b “GHQ接収の刀107本、備前長船博物館が特別公開”. 朝日新聞・朝刊・岡山: p. 23. (1999年12月25日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ 県立博物館への譲与を89口、県全体の数を227口とする記事もある。:“あすから「赤羽刀展」 刀剣227本里帰り 岡山県立博物館”. 朝日新聞・朝刊・岡山: p. 26. (2000年4月20日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ “接収の肥前刀、修理して展示 県立博物館”. 朝日新聞・朝刊・佐賀: p. 28. (2002年4月27日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ “終戦で接収、文化価値高い肥前刀 29日から県立博物館で”. 朝日新聞・朝刊・佐賀: p. 23. (2004年10月21日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧


「赤羽刀」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤羽刀」の関連用語

赤羽刀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シェービングブラシツリー

自然アンチモニー

ニンニククラッシャー

裏筋

伊勢神宮参道千年の杜

小原和紙

丸源氏組

肘関節





赤羽刀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤羽刀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS