赤羽刀とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 赤羽刀の意味・解説 

赤羽刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 14:21 UTC 版)

赤羽刀(あかばねとう)は、第二次世界大戦直後の連合国軍占領下の日本において、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ)の指令によって接収された刀剣類のうち、廃棄処理を免れて後世に伝わった一部を指す通称。


  1. ^ a b c “GHQ没収の日本刀返還へ 52年ぶりに7本”. 朝日新聞・朝刊: p. 38. (1997年11月28日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ a b c “備前の名刀里帰り 備前長船博物館で戦後接収の107本展示”. 朝日新聞・朝刊・香川: p. 28. (2000年1月22日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b c “刀狩りの刀返します 50年前GHQが接収、民間の約4600振り”. 朝日新聞・夕刊: p. 10. (1995年11月1日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b “GHQ接収の刀107本、備前長船博物館が特別公開”. 朝日新聞・朝刊・岡山: p. 23. (1999年12月25日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ 県立博物館への譲与を89口、県全体の数を227口とする記事もある。:“あすから「赤羽刀展」 刀剣227本里帰り 岡山県立博物館”. 朝日新聞・朝刊・岡山: p. 26. (2000年4月20日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ “接収の肥前刀、修理して展示 県立博物館”. 朝日新聞・朝刊・佐賀: p. 28. (2002年4月27日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ “終戦で接収、文化価値高い肥前刀 29日から県立博物館で”. 朝日新聞・朝刊・佐賀: p. 23. (2004年10月21日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧


「赤羽刀」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤羽刀」の関連用語

赤羽刀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤羽刀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤羽刀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS