蘆花浅水荘とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 蘆花浅水荘の意味・解説 

蘆花浅水荘

名称: 蘆花浅水荘
ふりがな ろかせんすいそう
名称(棟): 本屋
名称(ふりがな): ほんや
番号 2312
種別1: 近代住居
国宝重文区分 重要文化財
指定年月日 1994.12.27(平成6.12.27)
員数(数): 1
員数(単位):
代表都道府県 滋賀県
都道府県 滋賀県大津市中庄一丁目
所有者名:
指定基準 (一)意匠的に優秀なもの (二)技術的に優秀なもの
管理団体名:
管理団体住所
管理団体指定年月日
構造形式 木造建築面積174.5m2、一部二階桟瓦葺、北面便所附属
時代区分 大正
年代 大正10(1921)
解説文:
重要文化財のほかの用語一覧
近代(住居):  銘苅家住宅  野村碧雲荘  林家住宅  蘆花浅水荘
近代(商業・業務):  髙島屋東京店  岩手銀行  旧横浜正金銀行本店本館

蘆花浅水荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/23 16:04 UTC 版)

蘆花浅水荘(ろかせんすいそう)は、大正10年1921年)日本画家山元春挙の別邸として琵琶湖の畔(滋賀県大津市中庄)に建てられた近代和風建築である。所有者は宗教法人記恩寺。


  1. ^ 文化庁文化財保護部「新指定の文化財」『月刊文化財』376、第一法規、1995、pp.28 - 31
  2. ^ 平成6年12月27日文部省告示第151号
  3. ^ 蘆花浅水荘 本屋 文化遺産オンライン(2017年9月23日閲覧)
  4. ^ 蘆花浅水荘 離れ 文化遺産オンライン(2017年9月23日閲覧)
  5. ^ 蘆花浅水荘 持仏堂(記恩堂)< 文化遺産オンライン(2017年9月23日閲覧)
  6. ^ 蘆花浅水荘 渡り廊下 文化遺産オンライン(2017年9月23日閲覧)
  7. ^ 蘆花浅水荘 表門 文化遺産オンライン(2017年9月23日閲覧)
  8. ^ 蘆花浅水荘 土蔵 文化遺産オンライン(2017年9月23日閲覧)


「蘆花浅水荘」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蘆花浅水荘」の関連用語

蘆花浅水荘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蘆花浅水荘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蘆花浅水荘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS