天地総子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 声優 > 日本の声優 > 天地総子の意味・解説 

天地 総子

天地総子の画像 天地総子の画像
芸名天地 総子
芸名フリガナあまち ふさこ
性別女性
誕生日01/03
星座やぎ座
血液型A
出身東京都
URLhttp://www.profuko.com/
プロフィールピアニスト天池 真佐雄」の長女として音楽一家に育つ。国立音楽大学付属高校卒業後、NHK劇団30人会を経て歌手女優として出発1965年には『マーチング・マーチ』でレコード大賞童謡賞を受賞子供向けの歌から大人向けの歌まで幅広くこなし、とりわけコマーシャルソング女王”の名をほしいまま活躍テレビではNHK長寿番組連想ゲーム』の女性キャプテン7年間にわたって務める。また、アニメ童話朗読洋画吹き替え声優としても活躍国際交流活動精力的おこない1982年日中国交正常化10周年記念行事として北京にて「天地総子と日中子供童謡祭典」を開催以来北京長春上海等を含め何回訪中韓国にも訪問するなど、友好公演文化交流積極的に行っている。ボランティア活動では「あゆみの箱常務理事として協力かたわら、「骨髄移植推進財団骨髄バンク)」の評議員として推進協力体験にもとづいた女性生き方生きがいなどをテーマ全国各地にて講演会や、ふれあいコンサート・ファミリーコンサート・ディナーショー等に多数出演雑誌ホームページ等にエッセイコラム掲載している。
デビュー作NHK『不思議パック
代表作品1NHK連想ゲーム
代表作品2アニメオバケのQ太郎』(Q太郎役)
代表作品3舞台ミュージカル Into the Woods
職種タレント俳優女優/音楽/話す仕事
語学中国語
趣味・特技朗読/着物リフォーム/園芸
好きな音楽CMソング/ミュージカル/童謡

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
東京都出身のタレント  花村怜美  伊藤咲子  高頭なお  天地総子  清水美沙  舟木幸

天地総子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 15:14 UTC 版)

天地 総子(あまち ふさこ、本名・岩澤 総子、1941年1月3日[1] - 2019年1月6日[2])は、日本の歌手声優女優。プロダクションフーコ所属、代表。




  1. ^ a b c d e f 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、49頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ a b 「CMソングの女王」天地総子さんが死去、78歳”. 日刊スポーツ (2019年1月12日). 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、116頁。ISBN 978-4-907583-45-3
  4. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2019年1月13日15面
  5. ^ 毎日新聞夕刊 1975年4月5日の新番組広告より
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『天地総子と東京ブギウギ+8〜天地総子コロムビア・イヤーズ〜』付属ブックレットの記述より
  7. ^ かもつれっしゃのうた (コロムビア)、国立国会図書館サーチ。2019年3月4日閲覧。
  8. ^ Benyshop、八木山ベニーランド - 2019年2月24日閲覧。


「天地総子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天地総子」の関連用語

天地総子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天地総子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天地総子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS