支とは?

平仮名「し」は「之」の草体片仮名「シ」は「之」の草体変形


[1] 【士】

男子。特に,学問道徳を修めた男子についていう。 「同好の-」 「好学の-」 「高潔の-」
古代中国で,大夫庶民との間に位した身分

[1] 【子】

( 名 )
こ。こども。
独自の思想理論をもって一家をなした人。有徳の人。特に,孔子。 「 -のたまわく
( 代 )
二人称自分と同程度相手をさす。古めかしい言い方。君。 「 -の考えやいかん」
接尾
動作性の名詞に付いて,そのことをもっぱら行う男子の意を表す。 「読書-」 「編集-」
古く貴族女子の名に添えて用いる。 「光明-」 「式-内親王
名前の下に付けて親しみの意を表す。 「やや点兵衛-,どうなすつた/滑稽本浮世風呂 4
自分の名の下に付けて卑下する意を表す。 「芭蕉-/芭蕉書簡
助数詞碁石,特に置き碁のとき置く石を数えるのに用いる。 「三-置く」

[1] 【巳

十二支第六。み。

[1] 【氏】

( 名 )
うじ(氏) 」に同じ。
( 代 )
三人称男子に対して敬意をこめて用いる。彼。 「 -は斯界先達であります
接尾
人の姓名に付けて尊敬の意を表す。主として男子に用いる。 「山田太郎-」
氏族の名に付けて,その氏族出身であることを表す。 「藤原-」
助数詞尊敬の意をこめて人数を表すのに用いる。「人(にん)」の尊敬語。 「御出席の三-」

[1] 【仕】

かえること。つとめ。
[句]

[1] 【司】

律令制で,省に属し,職・寮に次ぐ役所

[1] 【史】

歴史
歴史を記す人。記録つかさどる役人史官
律令制神祇官太政官主典(さかん)大史少史とがあり,記録をつかさどった。

[1] 【四・肆

数の名。三より一つ多い数。よ。よつ。よっつ。よん。 〔「肆」は大字として用いられる〕

読み方:し

支える、支持する、あるいは、枝分かれした物、といった意味の字。十二支構成する単位指して「支」といい、「各支」などのように用いることがある

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/24 07:14 UTC 版)



出典:『Wiktionary』 (2012/04/04 03:08 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「支」に関係したコラム

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「支」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

支のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



支のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの支 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS