責任ある倫理的慣行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 責任ある倫理的慣行の意味・解説 

責任ある倫理的慣行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 05:22 UTC 版)

看護師・患者の関係性」の記事における「責任ある倫理的慣行」の解説

これはコミュニケーションベースの関係であるため情報やり取りし、教育し、そして情報共有する責任看護師ありますCNO規格4番目のステートメントは、「乱用からクライアント保護する」です。 彼らの顧客危害から安全であることを確実にするために彼らの顧客虐待報告することは看護師仕事であると述べられている。 看護師は、暴力的脅迫的、または危害を加えることを意図していると見られる可能性がある観察され虐待的な状況介入してそれを報告しなければなりません。 看護師また、ロマンチックな、または性的に虐待的であると認識されているクライアントに対する医療提供者行動または発言報告しなければなりません。

※この「責任ある倫理的慣行」の解説は、「看護師・患者の関係性」の解説の一部です。
「責任ある倫理的慣行」を含む「看護師・患者の関係性」の記事については、「看護師・患者の関係性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「責任ある倫理的慣行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「責任ある倫理的慣行」の関連用語

責任ある倫理的慣行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



責任ある倫理的慣行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの看護師・患者の関係性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS