実法とは?

じっ‐ぽう【実法】

(‐ポフ) 仏語永遠不変実体としての存在。⇔仮法(けほう)。

(‐パフ

㋐まじめなこと。篤実律義

「―の者には物仰せにくければとて」〈盛衰記一六

実際のようす。実体

解体新書をつねに講じて、その―を人に示せしと」〈蘭学事始


じ‐ほう〔‐ハフ〕【実法】

[名・形動《「じっほう」の促音の無表記》まじめなこと。きちんとしていること。また、そのさま。律儀じっぽう

「―に小さき丸髷をぞ結いける」〈一葉うつせみ

「―なる人のゆるぎ所あるまじきをとて」〈源・真木柱


実法

読み方:ミノリminori

稔り植物が実を結ぶこと。




実法と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実法」の関連用語

実法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



実法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS