島嶼化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 島嶼化の意味・解説 

島嶼化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

島嶼化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 02:48 UTC 版)

島嶼化(とうしょか、island rule)は進化生物学生態学生物地理学に関する学説の一つ。提唱者の名を取ってフォスターの法則(Foster's rule)とも言う。 島嶼生物学の要点となっている。


  1. ^ Surviving in a predator-free environment: Hints from a bone remodelling process in a dwarf Pleistocene deer from Crete (Maria Rita Palombo:2016)
  2. ^ FOSTER, J. BRISTOL (1964). “Evolution of mammals on islands”. Nature 202: 234-235. doi:10.1038/202234a0. 
  3. ^ MacArthur, Robert H., and Edward O. Wilson (1967). The theory of island biogeography. Princeton University Press 
  4. ^ MacArthur, Robert H., and Edward O. Wilson (2001-4-1). The theory of island biogeography. Princeton Univ Pr; Reprint版. ISBN 978-0691088365. https://books.google.co.jp/books?hl=ja&lr=&id=a10cdkywhVgC&oi=fnd&pg=PR7&ots=Rg8VAEOgIC&sig=VkDkCUWwr6wdELiMbRi0acl7XpE#v=onepage&q&f=false 2015年12月22日閲覧。 


「島嶼化」の続きの解説一覧

島嶼化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:33 UTC 版)

マーストリヒチアンの間はヨーロッパ大部分島々分かれており、バラウル数多く奇妙な特徴は島嶼化に起因する考えられ比較孤立した状態がこの地域の生物課せられていた。島に隔離された種は、偶然により遺伝子頻度変化する遺伝的浮動と、より大きな集団で希釈されやすい突然変異影響小さい集団で拡大する創始者効果影響受けやすい。島嶼化では本土大きな種が小型化して小さな種が大型化することが示され、島でこれが効果を発揮することがある白亜紀ルーマニアでは、小型化した竜脚類などが知られている2010年にはこの島の影響は比較最近到達した種の急激な変異よるものとされ、この地域で孤立して数千万年をかけた進化結果とはみなされなかった。ヴェロキラプトルとの密接な関係考えられていたということはハツェグ島孤立絶対的でないと想定していたことを暗示しているバラウル頑強性の上昇は、孤立した植物食性哺乳類平行進化2010年比較された。2013年にはバラウル頑強性増したことが知られている唯一の島嶼性動物食性脊椎動物であると主張され進化した広い足は安定性向上させる効果があったと示唆された。2015年鳥群としてバラウルが解釈され際は他の島の植物食性動物と同様に、飛翔性の鳥類大型化した子孫であることが示唆された。グレゴリー・ポール予測したように、二次的にドロマエオサウルス科似た飛べない鳥進化した珍しい例である。

※この「島嶼化」の解説は、「バラウル (恐竜)」の解説の一部です。» 「バラウル (恐竜)」の概要を見る


島嶼化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:33 UTC 版)

マーストリヒチアンの間はヨーロッパ大部分島々分かれており、バラウル数多く奇妙な特徴は島嶼化に起因する考えられ比較孤立した状態がこの地域の生物課せられていた。島に隔離された種は、偶然により遺伝子頻度変化する遺伝的浮動と、より大きな集団で希釈されやすい突然変異影響小さい集団で拡大する創始者効果影響受けやすい。島嶼化では本土大きな種が小型化して小さな種が大型化することが示され、島でこれが効果を発揮することがある白亜紀ルーマニアでは、小型化した竜脚類などが知られている2010年にはこの島の影響は比較最近到達した種の急激な変異よるものとされ、この地域で孤立して数千万年をかけた進化結果とはみなされなかった。ヴェロキラプトルとの密接な関係考えられていたということはハツェグ島孤立絶対的でないと想定していたことを暗示しているバラウル頑強性の上昇は、孤立した植物食性哺乳類平行進化2010年比較された。2013年にはバラウル頑強性増したことが知られている唯一の島嶼性動物食性脊椎動物であると主張され進化した広い足は安定性向上させる効果があったと示唆された。2015年鳥群としてバラウルが解釈され際は他の島の植物食性動物と同様に、飛翔性の鳥類大型化した子孫であることが示唆された。グレゴリー・ポール予測したように、二次的にドロマエオサウルス科似た飛べない鳥進化した珍しい例である。

※この「島嶼化」の解説は、「バラウル (恐竜)」の解説の一部です。» 「バラウル (恐竜)」の概要を見る


島嶼化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:33 UTC 版)

マーストリヒチアンの間はヨーロッパ大部分島々分かれており、バラウル数多く奇妙な特徴は島嶼化に起因する考えられ比較孤立した状態がこの地域の生物課せられていた。島に隔離された種は、偶然により遺伝子頻度変化する遺伝的浮動と、より大きな集団で希釈されやすい突然変異影響小さい集団で拡大する創始者効果影響受けやすい。島嶼化では本土大きな種が小型化して小さな種が大型化することが示され、島でこれが効果を発揮することがある白亜紀ルーマニアでは、小型化した竜脚類などが知られている2010年にはこの島の影響は比較最近到達した種の急激な変異よるものとされ、この地域で孤立して数千万年をかけた進化結果とはみなされなかった。ヴェロキラプトルとの密接な関係考えられていたということはハツェグ島孤立絶対的でないと想定していたことを暗示しているバラウル頑強性の上昇は、孤立した植物食性哺乳類平行進化2010年比較された。2013年にはバラウル頑強性増したことが知られている唯一の島嶼性動物食性脊椎動物であると主張され進化した広い足は安定性向上させる効果があったと示唆された。2015年鳥群としてバラウルが解釈され際は他の島の植物食性動物と同様に、飛翔性の鳥類大型化した子孫であることが示唆された。グレゴリー・ポール予測したように、二次的にドロマエオサウルス科似た飛べない鳥進化した珍しい例である。

※この「島嶼化」の解説は、「バラウル (恐竜)」の解説の一部です。» 「バラウル (恐竜)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

島嶼化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



島嶼化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島嶼化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバラウル (恐竜) (改訂履歴)、バラウル (恐竜) (改訂履歴)、バラウル (恐竜) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS